始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
映画『ふたりにクギづけ』ベッドの下に幽霊…? by YouTube
オカルト・ホラー / / YouTube心霊動画集
今夜ご案内するのは、ベッドの下に潜む、男の幽霊を捉えた心霊動画…もとい映画である。「ベッドの下に?」と言うと、「刃物を持った強盗が潜んでいた」とか「死体があった」とする都市伝説があるが、それを地で行くような映像には驚く。果たしてこれは、本当に幽霊なのか。それとも、編集者のミスなのか。はたまた、、映画の宣伝のために行われた、思意的なものなのか。


YouTubeより、「映画『ふたりにクギづけ』ベッドの下に幽霊…?」問題の作品のタイトルは、『STUCK ON YOU』(邦題『ふたりにクギづけ』、スペイン語タイトルは『PEGADO A TI 』)。

2003年製作、アメリカ映画。
監督・製作・脚本 :
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
主演 :
マット・デイモン(ボブ役)
グレッグ・キニア(ウォルト役)

他にもメリル・ストリープやジャック・ニコルソン、シェール、グリフィン・ダンなど、大物俳優・女優らが多数出演していて、また、映画評価サイトでの評価点数も80点?と良好なのだが、いかんせん公開された劇場数が少なすぎた。全国で9ヶ所、うち愛知県が4ヶ所である。そのため、この映画について言及しているサイトは多くない。まして、この「ベッド下の幽霊」に言及しているサイトとなると、更に限られる。これはアメリカでも同様のようで、この「ベッド下の幽霊」に関する情報は少ない。しかしスペインでは、映画チャンネルでも取り上げられ、かなり反響があったようだ。

という訳で、まずはスペインの映画チャンネルで報じられたものを見ていただきたい。なお、誤解のないように言っておくが、これはゲイ映画ではない。いい年した男が2人、片時も離れずくっついているが、これは2人が(1つの肝臓を2人で共有していて、そのため腹部で繋がった状態で生まれた)「シャム双生児」という設定になっているからだ。ベトちゃん&ドクちゃんを思い出していただけると、わかりやすいだろう。そんな彼らが障害をものともしない…どころか、時にはその特性を生かして面白おかしく生きていく、明るいコメディだ。


YouTubeより、「ANA PEÑALVA LOBO - LA IMPACTANTE IMAGEN REAL DE UN FANTASMA EN LA PELICULA " PEGADO A TI "」。




お分かりいただけただろうか。目覚ましを止め、双子が起き上がった時、ベッドの下に、不気味な男の顔が映っている。…と言っても、この動画では暗すぎて分かりづらい。そのため、明るさのみを調節した動画もアップされている。それでは、今度は明るさを調節したものを見ていただきたい。




YouTubeより、「Fantasma o Error? Pelicula Stuck on You」(幽霊なのか、エラーなのか? 『ふたりにクギづけ』)。





















YouTubeより、「映画『ふたりにクギづけ』ベッドの下に幽霊…?」







お分かりいただけただろうか。あまりにもハッキリと映っている。しかしそうなると、これは偶然撮られたものなのか、映画の宣伝用に故意に仕組まれたものなのか、疑問が出てくる。また、これだけ暗い部分であるにも関わらず、なぜ気付いた人がいたのだろうか。

なぜ気付けたのかについては、掲示板に発見した方からの答えが書き込まれていた。すなわち、DVDをモニターで見るのと違い、映画館で見た時には(恐らくは明るさや角度から)発見しやすかったと言う。しかし、それならば逆に、なぜ、さほど幽霊騒ぎにならなかったのか、なぜ編集の際にカットされなかったのか、不思議である。

これについては想像するしかないが、この問題の映像がある場所と言うのが、映画が始まって間もない、オープニングの中であることが関係しているのかもしれない。映画が始まって間もなく、まだ導入部分である時に、食い入るように見つめる人は、どれだけいるだろうか。また、カットされなかった理由についても、実際に映画館で映し出される状態と、モニターで見て確認しながら作業する状態では若干異なるであろうから、そのために気付かなかった(見逃してしまった)のではないかと推測する。また、これも掲示板からの情報だが、幽霊が映りこんでいるとの噂が立った後、監督がコメントしたところでは、撮影当時、ベッドの下には誰もいず、野球のバットが数本転がっていただけだと言う。

本当に、誰もベッドの下にはいなかったのだろうか。スタッフの誰かが、宣伝映像にするために、ベッドの下に潜んでいたのではないか…。これについて、絶対、誰かスタッフが潜り込んでいたのだ、とする人もいる。それは、どうやらNG集(DVD特別版に収められているものか?)の中に、ベッドの下に人が潜り込んでいるシーンYouTube)があることを根拠にしているようだ。そう聞くと、やはりベッドの下の幽霊は、監督のコメント共々、仕組まれたものだったのだと思えてくる。

しかしそれならば、だ。なぜ、もっと観客が食い入るように見つめる、話の中程ではなく、まだ作品に感情移入出来ていないだろう、オープニングにそのシーンを持ってきたのか。第一、宣伝目的で挿入したシーンであるならば、もっと噂が広まるよう、製作サイドの方でも積極的に動いて良いはずであるが、そのようなことは無かったようである。結局、何一つとして確かなことは判っていないので、どなたか、この『ふたりにクギづけ』の事情について詳しい方がいたならば、補足していただきたい。





ふたりにクギづけ (特別編) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
売り上げランキング: 37734



スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/97-f3521a2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。