始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 ジョージア州オーガスタの呪われた柱
やばいよやばいよー / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、主に心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ「心霊観光地」を紹介している。いずれの地も、霊視すれば、かつては地元の名士だった霊や、気の置けないパブの親父さんの霊などが出迎えてくれる、アットホームな場所ばかりで、あまり柄のよろしくない地は、紹介していない。

しかしながら、もっとも恐るべきは「無知」であることと考える。そう、観光地化しているところであれば何処でも安全、というわけではない。ここで紹介している土地すら、「比較的安全であることが確認されている」のみで、安全を保障するものではない。それが、もし、「呪われたモノ」があることを売りにした観光地であったならば、、 言うには及ばない。身を守るためには、どのような土地、モノがあるのか、知っておくことである。

という訳で、今回は「呪われた柱」があるという、アメリカ、ジョージア州の町、オーガスタから紹介するが、実際に訪れる際にはくれぐれも用心すること。万が一、霊障に見舞われることになったとしても、当方では御祓いや電話相談といった活動は行っていない。




The Haunted Pillar of Augusta
(オーガスタの呪われた柱)


下町のメインストリートに面して残っている、1本の柱…。何の変哲もない、ただの古びたコンクリート柱を、町の人々は皆、運転する者も歩行者も、注意深く、避けるようにして通ると言う。


オーガスタの呪われた柱 by J. Stephen Conn

Photo : J. Stephen Conn
Creative Commons : by,nc 3.0
アメリカ、ジョージア州リッチモンド郡、オーガスタ…。その、5thストリートとブロードウェイストリートが交差する、かつては市場が開かれていた一角に、件の「呪われた柱」は存在する。今では「遺跡」となっているそこには、かつては200フィート×100フィートもの広大さを誇る、2つの市場の建物があり、オーガスタの人々は日々市場に集い、農作物や食料雑貨、家畜(肉)を購入していた。

オリジナルの建物は1829年の火災で焼失したが、市はそれを再建し、ついでにオーガスタの町中で聞こえるよう、鐘を建物の最上部に据え付けた。しかし1878年、今度は竜巻によって市場は完全に破壊され、この柱だけが残されることになった。そしてこれを機に、柱は現在の場所、、 5thストリートとブロードウェイストリートが交差する角… に移築された。


なぜ、市場再建にあたり、この柱は壊されず、残されたのか…。

その理由は、今からおよそ100年ほど前、、 この市場の建物について囁かれた、「不吉な噂」にあった。とある旅の宣教師がオーガスタの町に居ついたのだが、これが風変わりな老人であったようで、、 証言者によると彼は非常によく通る声音の持ち主で、「彼の説教は心臓を刺すようであった」という。彼を巡っては、「彼を受け入れ、彼にミサを執り行わさせてやりたいと思うような教会は無い」だの、「彼は町の人々を軽蔑している」だの、様々な議論が交わされたようだが、まぁ、このような状態であったので、彼はしばしば、下側の市場で説教をしていた。しかし、市場の管理者らは彼のことが気に入らず、市場内で説教をすることを拒否したとも、信者ではない者を使って町から追い出したとも言われている。

そのため、この聖職者風の老演説者は、市場で説教をするのに、許可だ何だと、ごちゃごちゃ言わないようにするか、オーガスタに住む者で宗教的犯罪を犯した者を罰する、または… 単純に、彼が神の預言者であると住民に分からせるかしないと、「嵐が市場を襲い、破壊するだろう」などと言い出した。この予言が「現実のものになった」のか「偶然」かはさておき、、 1878年2月8日、午前1時10分、オーガスタの町を竜巻が襲った。

自称「預言者」の言う通り、竜巻はオーガスタの町を、エリスから市場にかけての半マイルに渡って蹂躙し、2人が亡くなり、建物も数軒が倒壊した。下側の市場の建物は「完璧に破壊され」、後には「大量の残骸と折れた材木、混乱した石工だけが残された」…と、オーガスタ年代記は記している。ついでに言うならば、破壊される前に鐘が鳴らされたのは、たった1回だけだった、とも。

このように、おそらく予言は成就したわけだが、しかし、この時はまだ、「呪い」は発動していなかった。呪いが発動したのは、もっと後のこと… 市議会が市場の再度の建設を決定してからだ。市議会は元あった場所に新しい市場を建てるべく、残った柱を慎重に、5thストリートとブロードウェイストリートが交差する角に移動させた。そう、呪い伝説が始まった場所に…。


「呪い」…?

老宣教師は、「嵐によって市場が破壊される」以外にも、「建物を壊そうとしたり、移動させようとする者は、雷に打たれる」とも言っていたのだ。

伝えられるところによると、ブロードウェイストリート拡張の際、柱を動かそうとした作業員2人が、雷に打たれるなり何なりして亡くなった。また別のケースでは、ブルドーザーの運転手が、ブルドーザーを柱に向かって前進させたところ、心臓発作を起こして亡くなった。しかしながら、通りの向こう側で50年酒屋を営んでいる男は、呪いを否定し、「柱は何度も、怪我人すら出すことなく、移動させられている。柱はあまりに、通りのすぐ傍にあるから。」と言っている。

呪いが本当に実在するのかどうかは、判らない。とは言え、少なくとも「何か」が出ることは確かなようだ。この町を深夜に訪れた者が、この柱付近で、亡霊たちの会話や、目には見えない何かが、一緒に並んで歩く足音を耳にしたことが、報告されている。また、地方警察が明らかにしたところでは、1月から10月の1年弱の間に、例の角だけで11件もの交通事故が起きていたという。だが不運なのは柱も同じようで、1度は雷に打たれ、もう1度は対向車線を越えてきたドライバーに衝突されている。


呪いを信じるかどうかは読者に任せるが、命を掛けてまで証明するほどのものでもないだろう。この写真を投稿したJ. Stephen Conn さんは、この写真を撮るにあたって、女性に「柱を押すマネ」をしてもらっているが、柱に触れる時は細心の注意を払って、くれぐれも力を入れ過ぎぬよう、間違っても倒すことはないようにしていただきたい。

なお、ウェブサイトによっては、「触れる」だけで、この呪いは発動するとのこと。



参照 : "The Curse of the Haunted Pillar - Augusta, Georgia" Waymark

スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/91-69d8182b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。