始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
「アステカの祭壇」と呼ばれる心霊写真
心霊写真 / / 心霊写真 in ジャパン
正式名称など、知らない。そもそも、それを心霊写真の一カテゴリーとして、特別に分類すべきものなのか、分類するとして、何と言う名称にするのが正しいのか、私には見当もつかない。しかし、数ある心霊写真のうち、ある特徴的な写り込み方をしたものを、巷では「アステカの祭壇」と呼んでいるようだ。なぜアステカなのか…。特に南米で撮影されたものというわけではなく、いずれも日本国内で撮影されたものとなると、ますます以って、その名前の由来が解らなくなる。が、「アステカの祭壇」と、呼ぶらしい。

事の発端は、「アンビリバボー」の心霊写真コーナーで紹介されたことから。通常1枚ずつ紹介されることが多い心霊写真だが、その時は数枚の写真が、まとめて紹介された。それらは撮影者、日時、場所も全てバラバラだが、1つだけ…奇妙な形の、だが同じ形をした赤い光が写り込んでいることが、共通していた。そして、写真を鑑定してもらおうと、心当たりのある霊能者に片っ端から見せて廻ったのだが、みな一様に、関わりたくないと、断ってきたという。この詳細については、以下の2chに投稿されたという文章にまとめられているので、読んでいただきたい。

しかし、その前に、ここで改めて警告しておく。この「アステカの祭壇」は、古代アステカ文化の人身御供の習慣とは関係ないだろう。だが日本にも、類似したもの…首壺があったと聞く。その意味で、これらの一連の写真が、心霊写真として「非常に悪い」ものであることを、はっきりと言っておく。


----------------------------------------------------------------------

前に、ある番組の心霊写真のコーナーを担当してた時のことです。
ある時、共通の特徴がある数枚の心霊写真を取り上げたことがありました。
撮影者も日時も場所もバラバラな写真なのですが、
それぞれに幾何学的な形の赤い光が写り込んでいます。
写真の向きを変えると、そのいずれもが同じ台のような形になり、
鑑定者はそれを「ある残酷な儀式に使う台」だと鑑定しました。

番組終了後、局にジャンジャン電話が掛かってきました。
その中には、いわゆる霊能者の方からのものが含まれていました。
彼らの言い分は、煎じ詰めれば同じ内容で、
曰く「なんというものを放送するんだ」

詳しい話は誰も聞かせてくれません。
ただ、口を揃えたかのように「2度と放送するべきではない」と。
その一方で、番組宛には同じような光の写り込んだ写真が続々と送られてきました。

「これはただ事ではない」
そう思った私達は、一連の写真を、手持ちの霊能者に片っ端から見せて廻りました。
しかし、皆がそろいも揃って「関わるのはイヤだ」と断ります。
しつこく食い下がると、その内の2人が渋々といった感じで口を開きました。
「この時期に、日本で****の祭壇がこれだけ多くの写真に写っていることがヤバい」
「こんな心霊写真は見たことがない。あり得ない。何が起こっているのか…正直怖い」
録音は停めていたのですが、確かこんなニュアンスだったと思います。

ぶっちゃけると、最初に放送した写真は実は鑑定者から持ち込まれたもので、
要するにあの日のコーナーはツクリに近い構成でした。
そこで、鑑定者に詳しい事情を聞こうとしたのですが、
案の定「この件にはもう関わりたくない」の一点張りで、
最後には、この話を臭わせただけで3日ほど一方的に音信不通となりました。

今のところ、私達には何も起こっていませんし、番組も続いています。
ただ、写真は未だに送られてきているそうです。しかも、その数は一向に減っていない…


参照:表に出ない、あなたの知ってる「ヤバイ」話

----------------------------------------------------------------------



そして「アステカの祭壇」の話は、(よせば良いものを)後に「USO」という番組でも取り上げられたことで、ますます広まっていった。それによって、テレビ局には、更に多くの写真が寄せられることになったようだが、…やはり、いつ、どんな話題であっても、全ての人の耳に届くことはない。そのため、「心霊写真」だ「アステカの祭壇」だといった単語とは、まるで無縁なキーワードで検索しているにも関わらず、対面してしまう可能性…も想定してはいたが、まさか本当に対面することになるとは、思いもよらなかった。これだから、心霊の世界は侮れない。

なお、物が物であるので、拾ってきたこの写真を直に載せるのは、遠慮させていただく。リンクは張っておくので、どうしても見たい方だけ、見ていただきたい。これだけ強いものであれば、「自称:まるで霊感なし」の方であっても、何か感じ取れるだろう。良いものでないことは、保証しておくが。


■ USO心霊写真館 アステカの祭壇 YouTube
■ ネット検索中に偶然発見した「アステカの祭壇」と呼ばれる心霊写真。
   ※ 上記写真には、「2つ」のモノが写っている。


スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/83-4f84ba8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。