始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
Wikipediaの「心霊写真」
心霊写真 / / 心霊写真 ではないが…
Wikipediaの心霊写真が、消えた…。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に本物の心霊写真が掲載されている、と一部で噂になっていたらしい。しかし、果たして万人の目に触れることを意識して製作されているサイトに、本物の心霊写真を掲載すると言うことは、ありえるのだろうか。この『心霊写真の森』を訪れる方であれば、タイトルに「心霊」とあることからも、ある程度、本物に出くわす可能性(危険性と読み替えて頂いても良い)は承知の上での訪問と見ているが、Wikipediaの「心霊写真」の項目を訪れる人と言うのは、必ずしもそうではないだろう。実際のものよりも、どう「定義」付けられているのか知りたい人などは、いきなり「そのもの」に対面することは考えていないかもしれない。そうしたことや霊障が起きる可能性に配慮しているのかどうかは不明であるが、Wikipediaには「それらしき」写真が掲載されていた。


Wikipediaの心霊写真
Wikipedia 「心霊写真」に掲載されていた写真


それが今、消えている。

「missing(行方不明)」とされていることからも、Wikipedia全体での意志による「削除」ではなく、誰か個人による削除のようだ。どのような理由で削除したのかは不明だが、オリジナルを慮ってのことだろうとみている。
写真が掲載されている時であれば、「心霊写真」の項目に掲載された写真からのリンクを辿り、ウィキペディア・コモンズに行けば、そこから更に辿ることでフリーの写真共有サイト『flickr』に写真の源があることを知った人もいるかもしれない。それがこの下に載せた写真、Calvin Leeさんによって投稿された、「Img_1778」とだけタイトルが付けられたモノクロ写真である。見ての通り、幽霊と思しきものはどこにも写っていない。


flickrに投稿された元写真
flickrに投稿された元写真「Img_1778

Photo : Calvin Lee
Creative Commons : by,nc,nd 3.0


なお、この機会に少しだけ触れておくと、この『心霊写真の森』では、心霊写真サイトと銘打ってはいるが、著しく嫌な感じを受けるもの(=霊障が起きる可能性が高いもの)は、なるべく排除している。そのため、他サイトに比べると、やや刺激が少ないように感じる方もいるかもしれないが、それはこうした理由による。とは言え、いったん掲載したもので、後になってやはり強すぎたかと思い直したものもある。それについては、掲載自体は続行しているものの、あまり上の方に来ないよう、時系列的に下の方に来るよう故意に修正している。よって、あまり刺激の強いものは見たくない向きには、サイト左下のアーカイブより確認し、あまり古いものは見に行かないようにしていただければと思う。

繰り返しておくが、私はただ「あちらの世界も視える人間」と言うだけでプロではないので、除霊などの依頼を受け付けてはいないし、電話相談も受けていない。誰かが見て大丈夫であったからと言って、霊に対する感度や相性などは個人によって異なるものなので、他の人が見ても「絶対安全」と言うことはないので、あくまで自己判断で行動して欲しい。

スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/79-a2f42811

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。