始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 アルドウィッチ駅のカーテンコールを求めてさ迷う女優の霊
心霊写真 / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。




Aldwych Station   (アルドウィッチ・ステーション)


いつまでも鳴り止まないカーテンコール、それはスポットライトに照らし出されながら舞台中央に立つと、より一層盛大さを増し、私の心の内に鳴り響き続けるだろう。しかし、観客が求めたのは、いつも他の女優であった。どうしたら、いつになれば観客は、私に拍手を送ってくれるようになるのか…。栄光を夢見て、かつては劇場であった廃駅をさ迷う、女優の霊がいた…。

ロンドン、アルドウィッチ駅ロンドン中心部に、コヴェントガーデンという、質も良く、かわいらしい雑貨が売る店が集まった場所がある。そこでは日々、大道芸人が自慢の芸を披露してくれるため、それを楽しみに集まる人も多い。そんなコヴェントガーデンのすぐ近くに、アルドウィッチ駅はある。1907年に開業したこの駅も今は廃駅となって久しく、一筋の光も差さない暗闇の世界となっているが、昔は、たいそう賑わっていたに違いない。と言うのも、このアルドウィッチ駅、元はと言えば、ピカデリーラインの一部にすぎない存在であるが、ウェストエンドに点在する多くの劇場に近接していたため、「シアターライン」と言う俗称を得るまでになっていたのである。そしてアルドウィッチ駅自体も、ロンドンの古い劇場――ロイヤル・ストランド劇場の一角に設けられたものだった。

そんな一世を風靡したアルドウィッチ駅は、第二次世界大戦の間こそ、路線は廃止されたものの、トンネルは防空壕として、平常であれば大英博物館に収められている、国家の財宝と言うべきもの…例えば古代ギリシャの、パルテノン神殿にあった大理石の彫刻…などの保管庫として、使用された。


写真=1994年に閉鎖したアルドウィッチ駅の跡。1907年のオープンから10年間はストランド駅と呼ばれていたが、1917年にアルドウィッチ駅と改名された。出入り口だったと思われる部分には3分間証明写真のブースが埋め込まれている。

しかし1994年、ついにアルドウィッチ駅は閉鎖された。

その理由はリニューアルのため(駅のエレベータの改修費用が認められなかったため)と言われており、決して幽霊等の怪奇現象・心霊現象のためではない。しかし、駅や線路の清掃員たちは、閉鎖以前から何度も、レール上に奇妙な人影を目撃している上、10年以上たった今も、取り壊されるでもなく、また工事が開始されるでもなく「閉鎖中」のままであることから、幽霊が出没するために閉鎖したのだとする噂が絶えない。ついでに言えば、このアルドウィッチ駅に出ると言う幽霊は、駅がかつてロイヤル・ストランド劇場があった場所であることから、舞台に立ったものの、思うように評判を得られず、カーテンコールの栄誉を受けることなく死んだ女優の霊(マーガレット)と信じられている。

なお、「廃駅」と言いはしたが、アルドウィッチ駅は全く使われていないわけではない。アールヌーボー調の美しいタイル装飾や内装が保存されているため、現在でも舞台の初日を祝うパーティーや映画のセット、展示会場として使用されている。例えばゲーム『トゥームレイダー』や映画『Neverwhere(ネバーウェア)』『パトリオットゲーム』の撮影も、ここで行われた。

そして2002年にも、テレビ番組「Most Haunted」の強そうなカメラマン15人が、このアルドウィッチ駅で24時間過ごしたことがあった。この時はDerek Achorahが、「マーガレット」という、以前から何度も目撃されている女優の霊と何とかして接触しようとし、カメラマンらに完全に真っ暗なトンネルの中を歩かせてみたが、その時、Yvette Fieldingが、「誰か」、ないし「何か」がトンネルの中にいるのを見ている。そしてそれと同じ頃、別のプラットフォームでは、誰も近くにいなかったにも関わらず、行動探知機のスイッチがオフにされるという現象が起きていた…。

現在、アルドウィッチ駅構内に立ち入ることが出来る機会は、あまりないかもしれないが、「アルドウィッチ駅探訪ツアー」なるものをロンドン交通博物館(London Transport Museum)が不定期に行っているので、興味を持たれた方は訪れてみるといいだろう。



アルドウィッチ駅の幽霊
女優の霊とはまた違うようだが、
来るはずのない電車を待ち続ける霊がいる。









Neverwhere
Neil Gaiman
Avon Books (T)
売り上げランキング: 262998
おすすめ度の平均: 5.0
5 ロンドン地下に広がる異世界での冒険
5 楽しいダークファンタジー

⇒ ネバーウェア 日本語DVD



心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/72-fe69bb39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。