始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
携帯デジカメと心霊写真
心霊写真 / / 心霊写真 in イギリス
「デジタルカメラ(デジカメ)では、心霊写真は撮れない。だから、心霊写真はウソなのだ。デジタルカメラは心霊写真がインチキであることを証明した。」 …?

いつ頃だったか…。それまで、写真と言えばフィルムで撮るものだったが、そこにデジタルカメラが入り込んだ。初めこそ、画質の粗さのため、なかなか増えなかった利用者も、画質が向上し、手頃な価格になるにつれ、利用者は増えた。そして小型化を実現したデジタルカメラは、携帯電話と一体化し、ますます身近な存在となった。しかしその頃から、心霊写真が撮れたという話を聞くことが少なくなった。そしてこれを受けて、「心霊写真がインチキであることが証明された」とする安直な懐疑論者も現れるようになった。それはさておき、なぜデジタルカメラの普及と共に、心霊写真の報告が減ったのだろうか?

しかし、デジタルカメラに切り替わることで、全く心霊写真が撮れなくなったわけではない。ここに紹介するのはイギリスの夕刊紙、イブニングスタンダードの関連サイトで紹介されていたものだが、何気なく撮った友人たちとの集合写真に、不気味な少女の霊が写っていた。


携帯カメラで心霊写真撮れる by thisislondon
携帯カメラで心霊写真の撮影に成功したマシュー by thisislondon



それが、こちらの写真。一見しただけでは普通の、何気ない写真だが、よく見ると2人の女の子の足の間から、土気色の顔の少女がのぞいている。

携帯カメラで心霊写真撮れる by thisislondon
携帯カメラで撮った写真には、少女の顔が写っていた by thisislondon


この不気味な写真は、十分過ぎるほど、目鼻立ちはおろか、口元や髪の毛までもはっきりと写っている。この心霊写真を撮ったのは、17歳の少年、マシュー・サマーズ。出掛ける仕度をしていた友人らを撮ったもので、泣きじゃくる、姉の友人の妹の顔を拡大して見ていて、この少女の霊に気が付いたという。

「通常なら、こうした写真は、ぼんやりとした写り方をするものだろうけど、これははっきりと写っている。」「本当にショックだったね。こういうもの(幽霊)の存在なんて、信じていなかったから。」
しかし、マシューがこれをガールフレンドに送ったところ、彼女は「ちょっと変わってるね」と言っただけだったそうで、ひょっとすると彼女にとっては見慣れているのかもしれない。

ちなみに、イギリスの心霊番組にも出演している超心理学者、Ciaran O'Keeffeは、マシューが撮影したこの心霊写真を、バッサリ、「パレイドリア」論で以って切り捨てたようだ。つまり、「ヒトと言うのは、ランダムな模様の中に特定のパターン…例えば人間の顔…を見出すのに、非常に長けている。この写真に写っているものも、ピクセル化と暗闇と光が一体となって、偶然生まれた効果に過ぎない」と。私としては、そう思いたい人はそう思っていれば良いと思う。実際、私でも「それはただ、そう見えるだけだろう」と思う写真は、少なからずある。しかし、例えばこのような写真の場合でも、染みだ、陰影だ、錯覚だ…と言ってしまうと、その方が返って正当性を欠くだろう。
なお、私の私見であり、何も裏付けがあるわけではないが、デジタルカメラの普及に伴って心霊写真の報告例が減った理由として、霊の特性とデジタルカメラの特性が挙げられると思う。科学的に確かめられた…と言うようなことではないが、心霊体験を頻繁に体験する人たちが共通して感じていることの1つに、霊と電気の間には、何らかの密接な関係があるらしい、と言うものがある。霊が水場に出没しやすいことは周知の事実だと思うが、水が非常に電気を通しやすい(純粋はむしろ絶縁体だが、多くの水は、何らかの不純物を含んでいる。)性質を持っていることと、何か関係があるのだろうか。心霊現象が発生する際、パソコンなど電化製品や電気系統は、最も被害を被りやすい。壊れたとまでは行かずとも、心霊スポットを訪れ、いざ写真を撮ろうとしたら、急にシャッターが下りなくなった…という体験をした人は多いだろう。

さて、そうした時に…である。心霊体験談の良くあるパターンだが、同じ場所で同じ場面に遭遇したはずでも、幽霊を目撃したと言う人と、目撃していない人がいる。それはなぜか? 霊を目撃したと言うのは、ウソや見間違いなのか? これを以って霊の存在を否定する者もいるが、これについては、こちらとしても頭が痛いところである。と言うのも、偶発的に霊が視えてしまった人ではなく、日常的に視える人であっても、視えないこともあるからである。そして、こんな時によく用いられる表現として、「(霊と)波長が合う・合わない」という電気的な(?)表現があるが、これはなかなか理に適った表現であると、私は思う。もちろん、現在までのところ、はっきりと証明されていることではないし、間違っている可能性も無きにしも非ずだが、「波長」と言う言葉を用いることで説明しやすくなることは、間違いない。そして、フィルムが実際の光をそのまま写し取るのに対して、デジタルカメラ(デジカメ)は、CCDやCMOSなどの光に反応する半導体素子を使って映像を「電気信号に変換」し、デジタルデータとしてフラッシュメモリなどの記憶媒体に記憶している。そう、光に反応する半導体素子を使ってはいるが、“ありとあらゆる波長の光を”捕らえて反応しているとは限らないのである。ここに、フィルムを使用する従来型のカメラとデジタルカメラでは、心霊写真が撮れる確率が大幅に違ってくる理由があるように思う。もちろん何度も言うように、まだ確証のあることではないので、これからの研究に期待したい。



最後に、上の写真の例の(霊の)部分を拡大したものを載せておく。


携帯カメラで心霊写真撮れる by thisislondon
携帯カメラで撮られた心霊写真を拡大したもの by thisislondon


Mysterious 'ghostly' face of child appears in mobile phone photo of teen pals
パレイドリアと火星の人顔岩 pareidolia and the face on Mars
デジタルカメラ 【digital camera】
心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/70-e415f935

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。