始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊小話(3) 誰もいない2階で、火災警報装置が鳴り響く
本当にあった!怖い話 / / 心霊体験 ぷち♪
お盆も過ぎ、夏休みも後半に入った。…と、途端に、あれだけ騒がしく鳴いていたセミの声がぱったり途絶えたように思う。お盆には先祖の霊がセミなどの姿をとって、子孫が待つ家に戻ってくると言うが、みなさんは先祖の霊に会えただろうか。しかし、仕入れた怪談話を披露する時は、ご注意あれ。心霊写真だの怖い話だのを求めて、こんなサイトにやって来るくらいだから、既に経験則で知っているだろうが、なぜか霊は怪談話の現場に寄ってくる傾向がある(例、パールハーバー夜話)。そしてサイトトップで公言している通り、私は職業人ではないので、お祓いも心霊相談も出来ない。

さて、私が通った大学だが、共学ではあるが小ぶりな、カトリック系の学校だった。特別古いわけでもないと思うのだが、講義棟4階の女子トイレには首を吊ったシスターの幽霊が出るとか、宿直で見回っていたら、落ち武者の霊に追いかけられたとか、そんな怪奇話には事欠かない大学だった。そのため、「学生には知らされていないが、いわく付きの場所なのではないか」と、公然と噂されていたものだが、中でも断トツの幽霊目撃率を誇ったのが、セミナーハウスだった。

セミナーハウスは、部室が並ぶクラブハウスと隣り合うようにして建っている、2階建ての建物だが、その傷み具合は傍目にも明らかだった。しかし、老朽化を理由に次々と校舎が建て替えられていく中で、なぜかセミナーハウスだけが建て替え計画から外されていた。そしてそれについて学生が尋ねても、それに答えようとする教授は誰もいない上、セミナーハウス2階の窓にシスターの幽霊を見たと言う学生はかなりの数に上ったため、セミナーハウスがいわく付きの建物であるとする噂は、止まるところを知らなかった。

そんなセミナーハウスだったが、完全に閉鎖されていたわけではない。床は軋み、絨毯には大きなシミが広がる状態にもかかわらず、その1階はクラブ活動の合宿所として利用されていた。ただし2階は、、 2階へはこの小さな建物には不釣合いなほど幅広の、立派な階段が付いていたが、その階段入口にある防火シャッターのような扉は、ほとんど常に鍵を掛けられていて、学生が立ち入れないようになっていた。しかしそれも、肝試しをしたいと言う学生の情熱の前には無意味だった。なんとなれば、常に、閉ざされている筈の階段前の扉、もしくは外付けの非常階段を上がった先の、2階の非常扉のうち、どちらか一方は不思議と開いていたからである。ただしその両方が同時に開いていることはなかったので、どうしても肝試しは、端まで行って折り返すルートになる。その距離、およそ40メートル(2階の非常扉から入って、廊下の端まで行って戻るコース)。なんてことない距離だが、いつもロウソク代わりのライターは1本では足りず、2本目もほぼ使い切っていた。

前置きが非常に長くなってしまったが、そのセミナーハウスに私も泊まったことがあるし、前述でお分かりの通り、肝試しもした(させられた)。そして時には、不可解な出来事に遭遇したこともあった。これはそんなセミナーハウスで体験した出来事である。

その日は、OBが来ることになっていた。そこで私たちは練習を早めに切り上げ、食事も済ませて待っていたが、結局OBが到着したのは、正門が閉められるギリギリの時間だった。ともあれ、予定通りOB到着。私たちは差し入れの酒を飲みながら雑談に耽っていたが、こんな場所でもあることだし、お約束通り「何か怖い話をしろ」ということになった。そこで順番に、乏しいネタを披露していったのだが、それは開始後十数分で終了することになった。火災報知器が鳴ったからである。



ジ、、 


  ジ、ジ・・ 







ジリリリリーーーン!





その日…、いつもであれば他のクラブと共同で使うことが多いセミナーハウスだが、その日は私が所属していたクラブのみが使用していて、他には誰もいなかった。その静まり返った夜のセミナーハウスで、突如鳴り響いた火災報知器…。それは事のほか大きく感じられ、また怖い話を披露していた最中だったこともあり、私たちは皆、非常に驚いた。火災報知器はしばらく鳴り続けた後、やっと止まったが、その頃にはもう、誰も怪談を続ける気は無くなっていた。それは幸いにして、OBも同意見だった。どうせ誤作動だろうと思いはしたが、誰がうっかり鳴らしたというのか。この日この時間、大学構内にいるのは、警備員のおじさんか私たちしかいない。そして私たちは皆、一部屋に集まっていた。OBも含め、誰もトイレに立つなどしていない。みんな同じ部屋にいた。第一、鳴り方が不自然だった。

しかし、やがて…、何か気味が悪いものを感じて、沈黙していた私たちだったが、誰とはなく差し障りのなさそうな適当な話を始め、徐々に皆気を取り直して話に興じるようになった。ただの誤作動さ、そう思い込もうとしていた。ところが私たちは、衝撃の事実にまたしても青ざめることになった。顔面蒼白の警備員が駆け込んできたのであるが、なんと、火災報知器による警報の発信元は、このセミナーハウスの2階だったのである…!! 結局、ボヤでも何でもないことに、警備員はほっと胸をなでおろして帰ったが、その日、いつもであれば男女別に部屋を取るところを、大部屋で雑魚寝したことは言うまでもない。








【補足】

  • 私が視た限りでは、このセミナーハウス2階にいる幽霊は、1体や2体ではない。2階にはなぜか、古いドレスが入った洋服ダンスがある部屋、骨組みだけのベッドの脇に、テレビとマットレスが散乱する部屋などがあるが、廊下にも多数、各部屋には姿が重なるようにして、大勢の幽霊がひしめいている。また、彼らはあまり姿を見られることを好まないのか、故意に姿を見えにくくしている。そのため、霊視が出来る者であっても、よくよく目を凝らさないと見えないだろう。

  • 幽霊が徘徊しているのは、セミナーハウスの2階だけではない。セミナーハウス南にある小さな林にも、何体かいて、それらが窓の外から覗き込むこともある。また、1階と言えど、柱のある部屋には少々影響が及んでいる(と言うより、ここにも何かあると思うべきか)。

  • 全体的に、セミナーハウスの窓の位置は通常より高いところにあり、それは厚いマットレスのベッドを置いたと仮定すると、ちょうど良い高さである。そして1階と2階を結ぶ階段は、例えば担架で何かを運ぶとしても、余裕で擦れ違える幅である。



心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/65-d17134e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。