始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊小話(2) パールハーバー夜話
不思議な出来事 / / 心霊体験 ぷち♪
霊が視えるのは、恐い…? 心霊体験とは、恐い体験のこと…?
確かにそんなことも多いかもしれないが、それは私にはあまり当てはまらない。今回は、霊が視えるわりに、「恐い」思いはほとんどしたことがない私の、数少ない心霊体験の1つ。それは高校主催の「アメリカホームステイ1ヶ月」に行った帰り、飛行機の乗り継ぎの都合でハワイに寄った時のことである。

ハワイ。それは世間一般的な日本人ならば、誰もが憧れると言う、常夏の島。日本のじっとりとした湿気はどこにもなく、砂浜は粒子の細かいさらさらの砂。そこにいつでも太陽がさんさんと輝くとなれば、日本人が大挙して押し寄せるのも、仕方ないのかもしれない。ついには「アメリカ領日本」とまで揶揄されるようになった。そんなハワイ、ワイキキのビーチで私たちも少ない自由時間を楽しんだ。そして夜、1人の友達の部屋で話し込んでいたのだが、気が付けばみんな集まっていた。そんな折、ふと誰かがつぶやいた。

Pearl Harbor    …と。

とっさに、ぎくっとした。なぜかは分からないが、言ってはいけない言葉のような気がした。それはその場にいた全員が思ったらしく、間をおいて「そう言えば、そうだね…。」と言ったきり、誰も口を開こうとしなくなった。しかししばらく経つと、また誰ともなく話し始めた。そうだ、真珠湾だ。日本も戦争では酷くやられたが、アメリカもここ真珠湾では、かなりの攻撃を受けたと言う。自分たちの国、日本がやったことだが、その時犠牲になった人々の中にも子供はいたのだろうか… と。

まずいな、と思った。すっかり、戦争のことに話が行ってしまっている。そのうち終わるだろうが、早く終わって欲しい。早く…。

そう思ううち、部屋の周囲の気配がざわついたのを感じた。来てしまった。。

数はまだそれほど多くもなく、十数体だし、それほど悪い感じの霊は寄って来ていないというのは分かっていたが、嫌な気持ちに変わりはない。思わず、部屋の中には入ってくるなと、念じた。しかし、そのうち1つの霊は、何か事情が違うようで、構わず部屋の中に入ってきた。その霊の行方を注視していた私だったが… Kさんは思わず、軽く礼をし、M君に至っては「椅子を勧めた」。

この時、M君に霊感があることは知っていたが、まさかKさんにも霊感あるとは知らなかったから、驚いた。そして彼らはそれぞれ一瞬ずつ遅れて、ばつの悪そうな顔をしていた。そう、霊を実体を持った人間と間違えてしまったのである。(よくあることだが。)

そんなこんなで、霊を交えてのおしゃべり会になってしまい、その事実を集まっていた面々に話すと皆一様に驚いた顔をしたが、それもしばらくすると不思議な気はするのものの、慣れた(?)ようだった。Kさんが「何か話したそうに、こっちを見ている男の子(の霊)」に気付き、それを話すと、みんな「いいよ、こっちにおいで。いっしょに話をしよう。」という事になった。実際には、その子は「気持ち」を多少伝えてきただけで、話らしい話はほとんどしなかったが。



なんとも、不思議な夜になってしまった。

ちなみに…
後で聞いたところ、実はこの、初めに部屋に入ってきた霊というのは、M君の兄だった。詳しいことは知らないし、どうしてこんな、遠く日本と離れたところで現れたのか分からないが、久し振りに話が出来たとのことで、少しうれしそうにしていた。



心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/53-2341c66a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。