始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 ダンスタンバラ城の斬首された霊と騎士の霊
知的探訪 / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。




Dunstanburgh Castle   (ダンスタンバラ・キャッスル)


この地に彷徨うのは、哀れな霊…。反逆罪として処刑されるも、怖気づいた処刑人の不手際によって、まさに事切れるその瞬間まで耐え難い激痛を味わわされた。

ダンスタンバラ城 by national trust

                                       Photo by National Trust
見事な廃墟がそびえる、ノーサンバーランドの美しくも寂しい海岸線…。ダンスタンバラ城へは、その岩だらけの海岸を走る小道に沿って行けば、たどり着けるだろう。そこには破壊しつくされ、廃墟となった城とノーサンバーランドの寂しげな海岸線、岬からのすばらしい眺めがあるだけだが。実際、かつてはイングランドでも1・2を争う大規模な要塞であったダンスタンバラ城も、今は見る影もない。ただし、それに色を添える幽霊話の1つ2つならばあるので、それによって思いを馳せるといいだろう。

風が吹きすさび、波が絶え間なく、雷のような音を立てて打ち付ける崖の上、不気味なオーラを纏ったダンスタンバラ城の廃墟はそびえ立っている。
そんなダンスタンバラ城を今も彷徨う霊が2体…、その1つは、ランカスター伯爵であり、ダンスタンバラ城の築城主であったトーマスである。彼はエドワード2世の不興を被り、1322年に反逆罪で処刑されたが、その際、何がどういうわけか、死刑執行人はトーマスの首を落とすまでに、なんと11撃も要したのである。最後の1振りが打ち下ろされるまでにもたらされた死の苦しみと恐怖は、いかばかりであっただろう。哀れトーマスは、その苦しみと恐怖が張り付いたままの、ぼろぼろになった首を抱えて、ダンスタンバラ城の廃墟を彷徨うことになった。

もう1体の居住者は、ガイ卿の霊である。こちらは歴史と言うより「伝説」として語られているもので、それによるとガイ卿は騎士で、嵐を避けて、ダンスタンバラ城近くの避難所に逃れていた。ところが、そこで休息を取っている間に魔法使いが近付き、城で助けを待つ、美しくて若い女性がいると告げてきたと言う。そこでガイ卿は、魔法使いの後に従って件の城に潜入したが、そこで魔法使いは「剣か角か」選ぶように言った。ただし、どちらを選ぶにしろ、女性を助け出すまではそれを手放してはいけない、と。ガイ卿は角を選んだが、彼が角に強烈な打撃を与えると、突然、白い服を纏った100人の騎士が現れ、彼に向かって突撃してきた。…とその時、彼は自分が雨が降る城の外にいるのに気付き、角を手放してしまった。。 そのためガイ卿は影を持たない幽霊となった今でも、囚われの姫を探して何世紀も彷徨っていると言う。夜中になると、姫を探して苦悩する騎士の声が聞こえると言う向きもあるが、さて、実のところはどうだろうか…。







View Larger Map





Dunstanburgh Castle(National Trust)
ダンスタンバラ城はナショナルトラストが所有し、イングリッシュ・ヘリテージが管理している。
心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/40-83cd88cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。