始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
廃城より村を望む(フランス)
心霊スポット / / 心霊写真 in フランス
南仏プロヴァンス地方――。かつて、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、その鬱々とした気分から抜け出すため、この陽光溢れるプロヴァンス地方を訪れた。そこはまさに、彼が心から捜し求めていた、光溢れる世界が広がっていた。そして彼は、「陽光の“黄色”」と言う人生のテーマに出会い、その後の半生をかけて、これを追い求めるに至った。

それは正真正銘、命がけの探索だった。少なくとも、彼にとっては。
彼はその「奇跡の“黄色”」を求め、代償として自身の精神と命…、実に魂そのものを捧げた。



それほど、世の多くの人々によって賞賛されて止まない、プロヴァンスの陽光だが、その光の元で撮られたこの1枚の写真には、およそ光り溢れる世界の住人には似つかわしくない者(幽霊)たちが、無数に写り込んでいた。残念ながら、私は1体にしか気付かなかったが、知り合いに見てもらったところ、1体どころか…無数に、それもかなりハッキリと写っている、心霊写真の最たるものであることが判明した。以下は、その知り合いとのやり取りから判ったことである。


リュベロン山中の廃城より、教会の鐘楼を望む。
ただの心霊写真ではない。このたった1枚に、無数の霊魂が写りこんでいる。
これほど多くの霊魂が今も彷徨い続けているとは…、この地でいったい何があったのか?
(別ウィンドウで、大きく表示されます。)


これは、私が唯一、自力で気付いた幽霊。元々、うっすらぼんやりと、何か人影のようなものが写っている気がしていたが、見やすいように画像を明るくしてみると、この通り。


閉ざされた教会の鐘楼に
               この中だけで、4体以上の霊が写っているらしい。



こちらを覗き見るもの在り
判るだろうか。チャップリンのような、ヒトラーのような幽霊が、これ以上ないほどハッキリ、壁から半身だけ乗り出して、こちらを見ているようにしている。知り合いが言うには、これは「衛兵」とのこと。

また、
「4体の霊が重なる様に写り、下にも数体写っている。」
とのことだが、よく判らない。しかし、…ひょっとして、これのことだろうか? 先ほどの霊の、すぐ下なのだが。

                                         こちらを覗き見るもの在り 2


指摘は更に続いた。
「左下の木にも霊体がいますし、右の手前の壁の影にも霊体が無数に写っています。」
指摘され、改めてまじまじと見て、やっと何体かの霊の存在に気付いたが、しかし「右の手前の壁の影」は、どうしても判らない。無用な(霊関係の)トラブルに巻き込まれないよう、自動的に目に映る光景を全て霊視したりしないよう、日常に於いてはコントロールしているが、そのために本来的な感度も落ちているようである。しかし、発見した霊の姿には愕然とした。言われるまでもなく、いずれも物質化しかかっている「あまりよろしくない霊」であり、それが比較的すぐ近くにいたのに、気付いていなかったのだから。。


横顔がはっきりと見て取れる。      上目遣いで叫ぶ霊。      ドクロ



…「全て、自縛霊の類」とのこと。







ちなみに、この六角形の塔は、小さな「教会」(の鐘楼)である。興味をそそられ、中に入ってみたかったのだが、入口の扉にはガッチリと鍵がかけられていて、入れなかった。これは事情を知っている地元の人が、訪問者を立ち入らせないよう、故意に鍵を掛けていたのだろうか…?



PS 
偶然、同じ村の風景を撮られた方の写真をネットで見つけたが、やはり、霊が写っていた。
サイズを小さくしたためか、少しぼやけてしまっているため断言は出来ないが、
少なくとも4体は写っていた。

心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/4-5870057c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。