始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
古代遺跡 ストーンヘンジ (イギリス)
スピリチュアルワールド / / 心霊写真 ではないが…
イギリス南部、ウィルトシャーにあるストーンヘンジとエーヴベリーは、世界中に存在する巨石遺跡の中でも、最も知られているものだ。メンヒル(直立した巨石)の円から成る2つの聖域は、太陽と月の運行を計算して配置されており、これについては今もなお研究が進められている。またストーンヘンジ近郊には、他にもヨーロッパ最大級のストーンサークルや古墳が、数多く残されている。こうしたことからストーンヘンジは、その昔「聖地」であったとも考えられている。なぜこの遺跡が建造されたのか…、残念ながら文字のない先史時代のため、その理由は永遠の謎となっているが、この遺跡は私たちに先史時代のことを伝える、無類の証明と言えよう。


ストーンヘンジ 1



なお、ストーンヘンジの建造理由は不明であるものの、イギリスのダウザー(水脈占い師)ガイ・アンダーウッドによれば、古い教会や聖堂、メンヒルはみな、地下水や地下水脈のあるところをわざわざ振り子やダウジング・ロッドで探して、その上に建てられているそうである。そして、こうした地下に埋もれた泉や地下水脈がある場合、「地下定常波」を作るその水は、強い感情を伴った出来事に限り、それを「記録」することがあるとのことだが、これが後に、そこをよく知りもせずに訪れた私たちに、何かは分からないが…、何か特別な感慨を抱かせる理由になっているのかもしれない。その「地下定常波」に同調してしまうと、それが引き金となって、私たちは「記録」された出来事を追体験してしまうことがあるとのこと。これは「幽霊を見るメカニズム」として考えられているものと、全く同じものである。

ストーンヘンジ 2


心を惹き、ある記憶を呼び覚ましたりその余韻を残している石はひとつひとつが神聖と見なされるばかりでなく、そういう石がいくつか組み合わされたり配置されると、その場所に強い霊気をもたせることにもなる。古代からの立石やアラインメント(整列立石)、ストーンサークル(環状列石)、ケルン(積み石)、石塚は、地球という身体のツボを示す経絡図でもあるかのように、古代の大地に配置されていた。どれもかつては巡礼や信仰の焦点となっていた場所で、そこで営まれた儀式の歴史が石に残留し、何も知らないで訪れる現代人にさえ何か特別な感慨をいだかせる。
                                  「シークレット・ライフ」 より



ストーンヘンジ 3



テーベに、歌いだす巨石、メムノン像がある。夜明け直前に低いうなり声のような音を発し始め、朝日が差し込むにつれて音程が高くなっていくというものだ。それは石の温度が上がることによって生まれる、圧電気的とも考えられるエネルギーが作り出していると言われている。ある種の石が自然にそういうエネルギーを出すことは知られているが、それがこのストーンサークルなどにも当てはまるのか、1978年と1982年に科学者グループによって調査された。

彼らが感度の高い広帯域の超音波探知機とガイガー計数器を使っていくつかの巨石遺跡を調べた結果、その多くで漂遊放射線とか暗雑音とかでは片付けられない計測値が出た。中にはオックスフォードシャーにあるロールライト・ストーンズのように、季節的に変動するが大抵は日の出頃に強烈なピークを迎える発信源もあれば、同グループによって「サークル・オブ・サイレンス(沈黙の環)」と名付けられたアラインメントのように、全く音を発しないところもあった。
                                  「シークレット・ライフ」 より


結局、このときの調査で分かったことはこれだけのようだが、これは調査に参加した固体化学の専門家、ドン・ロビンズに、無機物におけるエネルギー蓄積や変換という問題全体を見直させるきっかけになった。そう、あらゆる無機元素はそれぞれに特有の三次元的な原子の枠組み、あるいは格子から成り立っていて、その格子の構造は元素の純度によって決まることが分かってきているが、まったく純粋な結晶というのは極めて稀で、そのほとんどに不純物が含まれており、それによってパターンや電気的平衡に乱れが生じ、結晶は不安定になる。そしてそれは環境によって微調整されることにもなるが、、 この「欠陥状態」であるからこそ、結晶は周りから来る情報を捕らえて蓄積できるのである。これこそが現代の電子産業の核心を成しているシリコンであり、トランジスタやマイクロチップであるが、これらはいずれも、純粋な素材に厳密に計算された量の不純物を加えて活性化し、製造されている。とすれば、元々大部分が結晶である石もまた、一種のマイクロチップであると考えられるだろう。これが、ロビンズの行き着いた結論である。何やら通常ストーンヘンジについて語られるのとは全く違った切り口になってしまったが、遥かなる古代のテクノロジーに思いをはせる材料として、こんな話もいかがだろうか。


心霊写真の森 相互リンク集


イギリスの世界遺産
イギリス南部、ウィルトシャーにあるストーンヘンジとエーヴベ
リーは、世界中に存在する巨石遺跡
tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com
ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群
ストーンヘンジは、今から約5000年前に建築が始まった遺跡
だ。およそ1500年をかけて
www.tbs.co.jp
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/35-495e7774

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。