始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 ヒントン・アンプナーの怪奇現象
裏海外旅行情報 / 海外情報 / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。




Hinton Ampner   (ヒントン・アンプナー)


世に言う「幽霊屋敷」…。これぞまさに、ヒントン・アンプナーのことである。1人の男の心無い仕打ちが女を苦しめ、霊となって屋敷を彷徨わさせることになったが、そんな薄情な男にもまた、不幸な最期は待ち構えていた。男の霊が苦しみから解放されるには、永遠にも近い時間が必要かもしれない…。


ヒントン・アンプナー                              photo by National Trust


イギリス、ハンプシャーの丘に広がる5ヘクタールもの広大な庭園。それがこのHinton Ampner(ヒントン・アンプナー)の一番の見どころであり、人々が訪れる理由になっている。この広大で素晴らしい庭は、ラルフ・ダットンが設計・デザインした中でも傑作とされているもので、デザインこそフォーマルだが、色取り取りの様々なパステル調の植物が植え込まれている。また眺望も見事で、ここから望むハンプシャーの田舎は特筆するに価する。

しかしながら、「古いもの」のみ求める向きは、ややもすると失望するかもしれない。と言うのは、このヒントン・アンプナーの庭は、18世紀に作られた伝統的な庭をベースに、ラルフ・ダットンが前任者よりもずっと幅広く、様々な植物を使って、自由に植え直したものだからだ。

ところで、このラルフ・ダットンの先祖で、最初にヒントン・アンプナーに住み始めたのは、1957年にこの屋敷を賃貸契約したThomas Stewkeley卿だった。その頃の屋敷は現在のものより北に50mほど離れたところにあり、南向きで、ハンプシャーの田舎の、穏やかな風景が望めた。

1793年、そのチューダー朝の屋敷は改築のため、取り壊されたが、それはひょっとすると、改築のためだけではなかったのかもしれない。このヒントン・アンプナーでは、今も時折、奇妙で説明の付かない、心霊現象としか思えない現象が報告されている。
そう、ここに勤めるナショナルトラストのスタッフ全員が、身の毛がよだつような悲鳴やうめき声、低い、こもったような声での会話や何者かが走る足音、突然ドアがバタン!と勢いよく閉まる音などによって、安眠を妨害されているのだ。このヒントン・アンプナーの心霊現象についての詳しいいきさつは、「補足 ヒントン・アンプナーの心霊現象」にまとめたので、そちらを参照されたい。






Hinton Ampner ナショナルトラスト
心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/28-6c3a87c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。