始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 ブリックリング・ホールの首なし幽霊馬車
幽霊の謎 / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。




Blickling Hall   (ブリックリング・ホール)


ご存知のように、ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンは、ロンドン塔にて斬首された。しかしロンドン塔に移送されてから処刑の日まで、アン・ブーリンはどう思い、過ごしたのであろう。まるで身に覚えのない、「姦通罪」で「処刑」とは…。


ブリックリング・ホール
photo by National Trust




イギリス、ノーフォーク州にあるブリックリング・ホール。17世紀初頭に建てられたが、これはイギリスのジャコビアン様式の建築物の中でも、最も壮麗なものの1つに数えられる。そして屋敷の豪華なロングギャラリーにある稀稿本のコレクションもまた、イギリスで最も素晴らしいものとされている。
また色鮮やかな庭園も有名で、22ヘクタールにも及ぶ庭園には左右対称に配されたパーテア(刺繍庭園)や秘密の園、また樹木に覆われた小さな谷も含まれている。

そしてもう1つの見物と言えば、やはり幽霊だろう。ここブリックリングホールは、ヘンリー8世の2人目の妻、アン・ブーリンが生まれ、幼少期の大部分をすごした場所である。そのためブリックリング・ホールではアン・ブーリンの命日(5/19)になると、ロンドン塔から首なしの御者の霊が、やはり頭のない馬の引く四頭立ての幽霊馬車を駆って、このブリックリング・ホールにやって来るのが目撃されている。もちろん、その馬車に乗っているのは、エリザベス1世の母にしてロンドン塔で斬首されたアン・ブーリンの幽霊で、自分の首を膝の上に抱えて座っているらしい。

以下、その詳細(「Norfolk Myth」より引用)。


…アン・ブーリンの死刑執行日は、5月の19日と決められた。またアン・ブーリンの求めに従って、証人として死刑執行人がフランスから連れて来られた。なお、ロンドン塔の牢番が驚いたことには、アン・ブーリンは決してふさぎ込むでも怖がるでもなく、むしろ陽気で、笑ったりジョークを言ったりしていたと言う。しかしながら、いざ執行の日が来てみると、アン・ブーリンは陽気ではいられなかった。本当に、何の執行猶予もないことに、驚いたのだ。



アン・ブーリンの死刑執行後、彼女の遺体は矢を保管していた箱に入れられたと言う。斬首された首を、腕の下にしまい込むような格好で。そして、ロンドン塔内のチャペルに葬られた…。

このアン・ブーリンの生と死に関する報告は、なぜ今なおアン・ブーリンの霊が休まることなく、命日になると幼少期を過ごしたブリックリングホールに出没するのか、私たちに教えてくれている。

なお、ここにはアン・ブーリンだけではなく、彼女の父の幽霊も出る。トーマス・ブーリン、娘だけではなく、息子も失った父だ――。

                                          以上、「Norfolk Myth」より。



View Larger Map


また、「Museums in Britain for Japanese」でも、興味深い話が語られている。洗いに出されていたエリザベス1世の肖像画が戻ってきた時、母親のアン・ブーリンがサインをして、業者から受け取ったと言うのだ。興味ある方は、そちらも読まれるといいだろう。




Blickling Hall, Garden & Park
Norfolk Myth - Ghost of Blickling
心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/24-11fe94f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。