始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 ハムハウスの女主人の霊
ほんのりと怖い話。 / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。




Ham House   (ハムハウス)


この屋敷を守るのは、番犬でも最新のセキュリティーシステムでもない。このハムハウスを誰よりも愛し、歴史の悲運からも守り切った、1人の女性である。この屋敷を守るためには夫の毒殺も、また自分自身の身を売ることさえ辞さなかった彼女の執念は、彼女自身、この屋敷から離れることを許さない…。


ハムハウス
Photo by National Trust


ロンドン郊外、ロンドンよりテムズ川をやや遡ったところにあるリッチモンドは、ちょっとした高級住宅街である。住宅街であるが、空間的ゆとりが大きく、緑も豊かで、心が和む。少々裏通り的な通りには、こじんまりとした店が並んでいるが、ただの雑貨屋にしても、パン屋にしても、何とはなしに質の高さを感じさせるところが、他とは違う。そんな“優雅な”と言う形容詞が似合うリッチモンドの街中を通り抜け、森の散歩道を行くと、そこにハムハウスがある。

ハムハウスは17世紀の流行を最も良く現在に残した、ヨーロッパでも稀有な存在で、1610年に建てられ、1670年代…、王権の回復と陰謀が渦巻く最中、増改築が行われた。

エリザベス…、ローダーデイル公爵夫人は、時の国王チャールズ一世と幼なじみであった、ウィリアム・マレー伯爵の娘である。1642年に清教徒革命が勃発すると、父親は当然のごとく国王側についたが、革命がクロムウェル率いる議会派の勝利に終わったことは周知の事実である。それに伴ってエリザベスに残されたこの屋敷も没収されかけたが、それだけは阻止したようだ。そしてフランスに亡命していたチャールズ2世が復権すると、王はエリザベスの(2番目の)夫、ジョン・メイトランドをローダーデイル公爵に叙し、それを受けてエリザベスは、公爵夫人という地位を誇るかのように、屋敷の大改修と贅を尽くした調度品のコレクションを始めた。

エリザベスのこの屋敷、ハムハウスに対する思い入れは、並大抵のものではなかったらしい。人生をかけて守り、育てた屋敷と庭園であるから、それも無理からぬことだろう。彼女の死後、現在に至るまで、屋敷のあらゆるところで彼女の幽霊が目撃されている。


ハムハウス

                                         Photo by National Trust


例えば礼拝堂で…、聖餐台の傍にひざまずく、黒衣の女性の霊が目撃されているが、これはローダーデイル公爵を悼むエリザベスの幽霊だと言う。また晩年の公爵夫人は、夜な夜な銀の杖を突いて屋敷中を徘徊していたと言うが、幽霊がコツコツと音を立てて廊下をやって来る音を、幾人もの人が聞いている。

また、老いた執事の6歳になる娘がハムハウスに泊まった時、夜、物音で起こされたことがあった。彼女が寝ていた部屋の壁に設置された暖炉を、老婆の幽霊が爪で掻き毟っていたのだ。初めは怖いと思わなかったらしいが、老女の幽霊の顔に邪悪な表情が浮かんだのを見て、すっかり怯えてしまったと言う。
後にその暖炉は調査され、くぼんだ空間からは思いもよらぬものが発見された。それはエリザベスが、ローダーデイル公爵と結婚したいばかりに、最初の夫であるTollemache準男爵を毒殺したことを綴った手紙であった。

他にも多数の幽霊や心霊現象が、この屋敷、、ハムハウスでは目撃されている。

…例えば、広間と上の階をつなぐ大階段がある。宵の口ともなると、黒い繻子のドレスを身にまとった幽姿が、かすかな靴音をたてて階段を上がってゆき、夜が深まると今度は降りてきて、礼拝室のあたりで消える。

財団の職人以外誰もいない夜更けになると、寝室の床を歩く足音がして、ついで浴室に通じるドアを勢いよく開け閉めする音が聞こえてくる。

寝室では具体的な霊の姿が目撃されたことはないにも関わらず、「気味の悪い場所」と見学者の多くは言う。また、寝室に掛けてある銀ぶちの鏡を覗きこむのをなぜか誰もが嫌だと感じる。

また、公爵の着替えの間では、法衣をまとう聖職者の霊が歩き回る。これは、ローダーデール公爵のもとにいた牧師ギルバート・スピンクスでないかとされている。

冬の夜には、少年の霊がテラスを彷徨する。これは17歳で自殺したジョン・マクファーレンの幽霊であると言われている。彼は1780年に、失恋に病んで屋敷の3階から飛び降りた。

また、1930年代の屋敷の所有者であったダイサート伯爵の霊は、クリスマスになると決まって使用人小屋に現れる。
                                  「真・世界怪談誌」より  




View Larger Map


もし興味があるならば、ハムハウスではゴースト・ツアーを開催しているので、参加してみるといいだろう。2006年の予定は、以下の通り。詳しくは「Richmond Upon Thames」へ。なお、売り切れ必至なので、要予約。

・ 2006/8/1?2006/8/31   Family Ghost Tours、12: noon - 1:00pm、毎火曜日
・ 2006/10/23?2006/10/25   Family Ghost Tours、12: noon - 1:00pm
・ 2006/10/28?2006/10/31   Halloween Ghost Tours、6:00pm - 8:00pm & 7:30pm - 9:30pm
・ 2006/11/1?2006/11/30   Ghost Tours、7:30pm - 9:30pm、毎月曜日と毎火曜日
・ 2006/12/4?2006/12/5   Ghost Tours、7:30pm - 9:30pm






National Trust “Ham House”
真・世界怪談誌 各国の幽霊屋敷や怪談を紹介
心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/21-4b21e9cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。