始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
聖地探訪 ルルド(フランス)
不思議な出来事 / / 心霊写真 ではないが…
いつもいつも心霊写真だ何だ…と、【縁起の悪い画像】ばかり載せているが、たまには縁起の良さそうな不思議写真でもいかがだろうか…。

ここは「ルルド」。今も世界中から巡礼者が訪れる、カトリック最大の聖地だ。それは、この付近に住んでいた貧しい少女ベルナデットが、聖母マリアの出現を受けたことに始まる。そしてベルナデットが、マリアが現れた場所を少し掘ってみると…、泉が湧いた。ありがたい話だ、と言うことで、死に瀕した病人がこれを飲んだところ、とうに医師にも見放された状態であったにもかかわらず、快癒してしまった。この奇跡が話題となり、世界中から医者に見放された病人たちが、奇跡を求めて押し寄せるようになった。これが、ルルドである。

しかしルルドが破格に素晴らしい場所だと言うところは、バチカンがその奇跡を認めた、という点に尽きるだろう。と言うのも、いかなる超常現象を起こす人物、場所、物であろうと、おいそれとバチカンが認めることはないからだ。バチカンによる奇跡認定は、かなり科学的にして厳格なものであり、どんなに「奇跡だ!」と申請したところで、わずかでも現代医学や自己治癒能力によって回復する可能性があるとされれば、「奇跡」とは認定されない。

それでもその厳格な調査のもと、多数の「奇跡」が認定されている場所…、それがルルドである。


    ルルド 1

ルルドの夕暮れ。スローシャッターも何もない、バカカメラで撮った1枚。しかし沈み行く太陽は大きく、心なしかプロミネンス(?)のようなものまで写っているように見える。専門家に言わせると、「そんなことは、あり得ない!」そうだが。

それは置いておいたとしても、ルルドには不思議な縁を感じずにはいられない。ルルドに行く前に、私がいたところ…。それは、ニオール。フランスのちょうど真ん中から、やや西に外れたところだ。普通に考えるなら、そこからルルドに行くには、一度フランスの中央を縦に走る幹線に戻り、TGVに乗るべきだが…、あいにく巡礼団による予約で、全て満席だった。そのため、「無理、無理。」と追い返そうとする予約窓口で粘り、見つけたのが、大西洋岸沿いに南下し、一度軽くスペイン領に入った後、再びフランスに戻ってくるルート。これには、鉄道職員も驚いていた。

   ※ TGVは、全席が完全予約制。定員オーバー(=重量オーバー)が車輪に与える「理論値以上の負荷」(笑)
       を抑えることで、理論通りの耐用期間を使い込もうと言う、合理主義の考え方からきている“らしい”。


    ルルド 2

      聖母マリアが出現した場所で、聖女ベルナデットが発見した奇跡の泉。洞窟左上部、ぶら下がっている
       のは「松葉杖」。泉の奇跡で不要になったので、捧げて帰ったらしい。



巡礼者にとって、ルルド巡礼の最大の目玉は「沐浴」だ。巡礼者ならば誰もが沐浴したいと願うだろうが、怪我や病を患っている者はなおさらのこと、祈りと沐浴のためだけに来ているようなものだ。
しかし沐浴出来る時間は、1日に2度、1時間ずつのみ。週末は1度に減る。対して巡礼者は、日々新たに押し寄せるものだから、みんなが希望通り沐浴できるわけではない。

そんなルルドへ、私が到着したのは2時過ぎ。TGVに乗れず、ローカル線で迂回したものだから、すっかり遅くなってしまった。また、私は日本人にありがちな無宗教者。沐浴のことまで知るはずもなく、普通に「観光」していた。そして「観光」を終え、帰りかけた時…、ふと「BATH」と書かれた看板が目に入った。よくよく見てみれば、人が行列をなしている。何の列なのか分からず、人に尋ねると「いいから、私といっしょに並びましょう。」とのこと。しかし列はとうに締め切った後のようで、申し訳なく、私もただ「何に並んでいるのか」知りたかっただけなので、断った。ところが、ここで私を列の中に押し込んだのは、係りの女性。何か思い違いをしてのことだろうが、「まぁ、いいか。」と並んだ。

沐浴後、大聖堂前の広場にて、日本から来た巡礼団に会った。彼らも1番の目的を「沐浴」に定めてやって来たらしいが、果たせなかったらしい。私が、たった今、その「沐浴」をしてきたところだと言うと、みんなよってたかって、それはすごいことだと言った。なんでも、この「沐浴」に与るのは、本当に難しいとのこと。信者でないものはもちろん、カトリック信者であっても断られることがあるとか。そうなると、信者でもない私が、、 良かったのだろうか?



               ルルド 3

       ルルドにある、聖女ベルナデットの生家。彼女の遺体は、死してなお腐敗することなく、今も生前の
        姿を保っているらしい。これもバチカンが認めた「奇跡」の1つ。




Lourdes-France.com ルルドの公式サイト (英語版
ルルド巡礼センター
心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/18-b6724a0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。