始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
幽霊散歩 ハンプトンコート・パレス
旅情報を集めよう / 旅行 / 幽霊散歩へのお誘い
The Ghoast Walk of Hampton Court Palace

幽霊たちが堂々と闊歩する国イギリスだが、それは王宮も例外ではない。むしろ王宮の方が、そうした心霊現象の目撃談は充実している。なぜなら、そこでは進んで心霊現象のモトが生産されてきたからである。直接そこで処刑しなかったとしても、やはり王宮と言う場所柄、恨み・辛みの念は、そこかしこに渦巻いていただろう。そういう訳で、ここハンプトン・コート・パレスでも幽霊は霊感の在る無しに関わらず、多くの人々によって目撃され、また心霊写真も数多く撮られている。有名なところとしては、監視カメラに写った画像が、ニュースで配信されたこともある。だが、昔のこととは言え、ハンプトン・コート・パレスは「王宮」である。そんな場所でもゴーストウォークを開催するとは…、改めてイギリス人の幽霊に対する熱意を感じる。


   Hamptoncourt_book2
   ハンプトン・コート・パレスにて購入したパンフレットより、クロックコート(時計台のある庭)。
   ここには「ジェーン・シーモアの霊」が現れる。



hamptoncourt_staffそんなハンプトン・コート・パレスのゴーストウォークだが、これは通年で行われているものではない。毎年10月の終わりから1月の半ばまでの冬季のみ。2005年度は10/31?翌2006年の1/15まで、毎週火曜日と木曜日は20:00から、日曜日は18:00から開催された。なおチケットは?25、12歳以上の方のみ。人数に限りがあるので、予約した方が良い。

※ 残念ながら、その季節にならないと案内のページは表示されない模様…。     



 Henry8







ところで、ハンプトン・コート・パレスで頻発する心霊現象の、大部分の根源となったヘンリー8世(左)と、その6人の后たちについて、まとめておこう。   



左から順に、

Henry8wives1


キャサリン・オブ・アラゴン。ヘンリー8世は世継ぎ誕生を強く希望したが、流産や死産を繰り返すばかりであったため、離婚された。
(キャサリンの侍女)アン・ブーリン。子供は生まれたが、女児であった。何が何でも男児の誕生を望むヘンリー8世により、「姦通罪」をでっち上げられ、ロンドン塔にて斬首された。
ジェーン・シーモア。待望の男児(エドワード)を産んだが、本人は出産に耐え切れず、死亡。

Henry8wives2


アン・オブ・グレーブス。すぐに離婚。実際の容姿と肖像画とは、かなりかけ離れていたらしい。
(アン・ブーリンの従姉妹)キャサリン・ハワード。ヘンリー8世が見て見ぬ振りをしているのを良いことに、不倫を繰り返していたが、最後には「姦通罪」としてロンドン塔にて斬首された。
キャサリン・パー。学識高く、メアリー、エドワード、エリザベスの教育係も務めた。病み衰えたヘンリー8世は、彼女に看取られながら58歳で他界。  


そのうち霊となって、このハンプトンコートに出没するのが、キャサリン・ハワードジェーン・シーモアの2人。心霊観光案内の「Hampton Court Palace」でも書いたが、キャサリン・ハワードの霊は、許しを請いながら廊下を引きずられていく様子や、チャペルのドアを拳でバンバン叩きながら金切り声で叫ぶ様子が、ロイヤル・チャペルに至る「(Haunted)Gallery」で、そしてジェーン・シーモアは「Clock Court」で、玉石を敷き詰めた中庭を火を灯した細長いろうそくを持った姿で、目撃されている。

なお、ハンプトンコートの話ではないが、ヘンリー8世の2番目の妃、アン・ブーリンもまた、命日には馬車に乗って生家に戻る様子が、目撃されている。もちろん、御者も馬も、乗っているアン・ブーリンも… 幽霊である。



Hamptoncourt_book3
ハンプトンコート宮殿内にある、ロイヤル・チャペル。

               

また他にも、例えばエドワード王子の乳母であったSibell Penn―、通称「The Lady in Grey」の幽霊が目撃されている。彼女は死後ハンプトン・チャーチに埋葬されていたが、1829年にそこが荒らされたのをきっかけに、彼女が元住んでいたハンプトン・コート・パレスの部屋に戻ってきたらしい。なお彼女の霊の出現と関連して、宮殿の南西の一角で糸車が回る音が聞こえたが、後にその辺りを壊してみたところ、中に糸車が収められた小さな秘密の小部屋が見つかった。

そしてもう1ヶ所、「The Wolsey Closet」にも奇妙な逸話が伝わっている。この部屋は観光客にもよく指摘されるとのことだが、「奇妙な空気」が漂っている部屋で、夕べの行事のためにと頼んだ仕出屋が「何か邪悪なものを感じる」と、この部屋の奥まった一角に立ち入るのを拒んだことがある。 そして、この部屋では、「犬」の目撃も一度ならず起きている。これは心霊現象に敏感な人であれば、すぐに気付くものとのこと。さて、あなたは如何であろうか。




Historic Royal Palaces 
ロンドン塔やハンプトンコート・パレスのオフィシャルサイト
Ghoasts of Hampton Court Palace 
ハンプトン・コート・パレスの幽霊について(オフィシャルサイトの一部)
ハンプトンコート in the Nighttime
夜のハンプトンコートをご案内
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/14-54c47564

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。