始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊小話(1) Greville伯爵
ヨーロッパ旅行記 / 旅行 / 心霊体験 ぷち♪
ウォーリック城は、イギリスでも10本の指に入る大人気観光スポットだ。騎士に扮したスタッフによって、中世の騎士たちが戦いの合間に行っていたトーナメント(試合)を再現するなどしているから、それも当然かもしれない。私がウォーリック城に行ったのは、11月。日本でも日没が早まる季節だが、緯度が高いイギリスでは、もっと早く日が暮れる。そんなわけで、帰ったのは夕方のはずだが、闇の深さは深夜のようだった。



ところで、ウォーリック城には「出る」との噂がある。

ウォーリック城の公式HPにもしっかり書いてあるが、現在「Ghost Tower」と呼ばれている塔の小部屋で、(Fulke)Greville伯爵は刺殺された。常に戦いの中心にあった城であり、城主なので、暗殺されたと言っても、特に不思議はない。しかし伯爵には釈然と行かないものがあるのか…、彼は今もこの塔やその周辺を彷徨っている。
そう、彷徨っている「らしい」のではなく、彷徨って「いる」
ウォーリック城にて買い求めたパンフレットによると、このGhost Towerにも入場できるようになっているようだったが、不運にも改装中(?)で入れなかった。私はいつも、後々面倒なことになりそうな予感がする時は、絶対そういった場所には近寄らないようにしているが、ここではそこまでのものは感じなかったため、むしろ「出会い」を期待していた。それなのに、そんなときに限ってこれである。これも何がしかの、訳あってのことかと思い、残念に思いつつも城を後にしようとした。

その時である。

Ghost Towerから少し離れた、城の外壁――。

城の外から何かの「存在」が、すうっ・・と近付いてきた。とっさに何かはわからなくて、一瞬ぼけっとしていたが、すぐに「伯爵では?」と思い至り、慌てて声をかけてみた。

残念ながら声は届かなかったようで、、 彼は塔に程近い辺りの城壁に、吸い込まれるように消えた。


                             warwick_earl_Greville
                      Warwick Castle」のエントリーで紹介した写真。やはり伯爵の霊だ。



以上が全てである。
パンフレットはざっとしか目を通していなかったので、あの霊が誰なのか、正確にはわからないでいたが、宿に戻ってじっくり読み、あまりにそのまんまだったので驚いた。
幽霊を見るのは、初めてではないが、外国の霊で、しかもこんな『年代物』の霊に出会ったのは初めてだったので、まさか本当に当時着ていた服装など、全てそのままの状態で見れるとは思っていなかった。考えてみると、別に何も不思議ではないのだが…。








心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/12-ca117523

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。