始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
「帰らずの森」の妖精 by YouTube
不思議生物 / / YouTube心霊動画集
このサイトを訪れる方であれば、幽霊を目撃した経験を持つ方は多いだろう。しかし、そんな方であっても、妖精(精霊)を見たことはと聞かれると、少ないのではないかと思う。いや、目撃以前に、妖精については、大昔よりその存在が伝えられてきたとは言え、過去には偽造された写真も多く出回ったことであるし、信憑性に乏しいと考えられても仕方ないところである。そして妖精の存在は、文明科学が発達するに従って目撃例が減ったこともあり、更に疑わしいものになっていった。しかし、ここ何年からか、妖精を始めとした様々な、空想上の生き物、お伽噺の世界の生き物とされたものや、未知の生物が、世界各地で目撃されるようになった。そしてその中には、妖精らしき生き物(?)の目撃もあった。

現在までのところ、妖精なるものが「生物」であるのか、「霊的な存在」であるのか、あるいは確実に「存在」しているものなのかすら、判っていない。そのため、後に「生物」であるとされる日も来るかもしれないが、今の時点では「霊的な存在」である可能性もあることから、このサイトでも扱ってみたいと思う。


クラッパムの妖精5YouTubeより、「クラッパムの森の妖精?それとも…」(原題は「clapham woods fairy or ?」)。

イギリス、ウェスト・サセックス州にある、クラッパムの森(Clapham Wood)。クラッパムの森には、独自の伝承が伝わっている。この、広さ5.15k?の森で、不思議なものの目撃や超常現象の体験が相次いでいる他、ペットが行方不明になったり、病気になる…と言うのだ。もちろん、その中には人が亡くなったというものも含まれている。妖精伝説が伝わる地にありがちな、いわゆる、「帰らずの森」だ。その「帰らずの森」で撮影したビデオに、妖精らしきものが写っていたと言う。いったいどんなものか、さっそく見ていただきたい。





ビデオの最後の方に、約2秒間、スッと現れて飛ぶ様子が写っている。かなり飛ぶスピードが速いので、よく見えないと言う方のために、キャプチャーを取ってみた。

まず、画面左、真ん中辺りから飛来、画面下方の真ん中辺りに抜けていく。

クラッパムの妖精1
クラッパムの妖精2
クラッパムの妖精3

そして再度、画面右から現れ、、
クラッパムの妖精4


ここで横向き姿勢から、
クラッパムの妖精5

向こう向きに姿勢を変え、
クラッパムの妖精6

飛び立ったと思うと、
クラッパムの妖精7

またすぐに向きを変えて、飛び去っていった。
クラッパムの妖精8



妖精の正体として、「虫(羽虫)」ではないかという声も聞く。しかし私には、これを見る限り、どうにも虫には見えない。本当に、お伽噺に伝えられる通り、人のような手足を持っているので、驚くばかりだが。


最後に、このクラッパムの森(Clapham Wood)について、Wikipediaからの情報を掲載しておく。なお、それによると、この森では悪魔崇拝のカルト集団がたむろしていた事実があるようだが、この森の神秘として語られる事件のうち、それによって説明がつくこともあれば、つかないこともあるようだ。

-----------------------------------------------------------

■ 不思議な出来事 ■

1960年代より、この地域ではUFOの目撃が相次いでいる。目撃した人の報告によると、吐き気がするか、見えない力で押されるのを感じたり、突然、森の小道を奇妙な灰色の霧が覆ったりすると言う。そして中には、後を付けられているのを強く感じた人もいる。ガイガーカウンターによる計測では、この地域の地面からは、通常よりわずかに高い値のラジウムが検出された。これは通常、ラジウム値の低い石灰質の土壌としては、驚くべきことである。なお、この地の初期の写真では、大きなクレーターないし窪地が見られたが、背の高い木がうっそうと生い茂る現在では、確認は困難である。


■ 動物の失踪 ■

1975年、この地で、何匹ものペットが行方不明になったことが報告された。まず2匹の犬が、何の痕跡も残さず、姿を消した。3番目の犬は…消えはしたものの、後に戻ってきた。ただし、原因不明の病に掛かっていて、結局は安楽死させるしかなかった。これら3つのケースが公になると、うちの犬も森でひどく動揺していた、異様なほど攻撃的になった…と訴える飼い主らが現れた。


■ 人の死 ■

4人の死が森の中、あるいは付近で起きて以来、それもまた、帰らずの森の伝承に組み込まれるようになった。最初の死は1972年6月、警察官のPeter Goldsmithがこの地をハイキングしていて、行方不明になった。そして6ヵ月後、彼の遺体が発見された。2人目の被害者であるLeon Fosterの遺体は、1975年8月に発見された。失踪から3ヶ月後のことだった。3人目はReverend Harry Neil Snellingで、クラッパムの元教区牧師。彼が失踪したのは1978年10月だが、彼の遺体は3年もの間、発見されなかった。検視官らは、原因不明の評決とした。そして1981年9月、Jillian Matthews...統合失調症のホームレスが、行方不明になった。彼女の遺体は6週間後に発見され、遺体には首を絞められた跡や、性的暴行を受けた跡が残っていた。


■ カルト集団の活動 ■

1987年に出版された本、『The Demonic Connection 』(Toyne Newton著)について、チャールズ・ウォーカーとアラン・ブラウンは、クラッパム・ウッドがヘカテを信仰する悪魔信仰者らによって使われていると主張した。その本には、1978年の事故について取り扱った部分があるが、そのグループの儀式にチャールズ・ウォーカーは立ち会っており、彼らが生贄として、犬やその他の動物の殺害に関与していたと言う。カルト集団の男によると、彼らは他の場所を見つけるまで、少なくとももう10年は、森を活動のために使うことを計画していたと言うが、これについてウォーカーは、彼らはメディアン注目と、森の広範囲に渡って被害をもたらした、「1987年の大嵐」として知られる嵐のダブルパンチによって、本が出版されたその年、この地域から強制的に立ち退かされたと主張している。

Wikipedia 「Clapham Wood Mystery」より。
-----------------------------------------------------------


スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/110-11a41b6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。