始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


pagetop /
心霊観光案内 ウォーリック城
旅行日記 / 旅行 / 心霊観光案内
Warwick Castle (ウォーリック・キャッスル)

「人殺しいろいろ」の語呂合わせで覚えた方も多いだろう、ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)。その世界に名だたる文豪シェイクスピアの生家がある、ストラトフォード・アポン・エイボンから、わずか14km。そのウォーリックの町に、その城はある。

城と言っても、フランスのシュノンソー城のような優美なものではなく、本来の目的…つまり戦いのために建てられた城である。


ウォーリック城の外観



この城の歴史は古く、原型は10世紀に造られた砦にまで遡る。そこに11世紀に入って、ウィリアム征服王の命で木造の城塞が築かれ、その後も増築を繰り返して、現在の姿となった。あまり詳しいことは知らないが、この城の歴代の城主は、絶えず勃発する戦いで常に勝っていたため、「王を輩出する城」と言う意味で「King Maker」と呼び習わされた。

こんな歴史を持つ城であるから、大広間はもちろん、甲冑や刀剣のコレクションに加え、拷問道具が展示された牢獄や拷問室も見学できる。


ウォーリック城の蝋人形  ウォーリック城の蝋人形  ウォーリック城の蝋人形



展示に使用されている人形たちも、なかなかリアルで良い。それもそのはず、これらの人形を製作したのは「マダム・タッソー蝋人形館」で有名な、タッソー・グループなのだ。

肝心なこと…?

もちろん、こんな素敵な歴史ある城だから、幽霊が出ないわけはない。Ghost Tower(ゴースト・タワー)へ行くといい。この塔で刺殺された(Fulke)Greville伯爵の幽霊が、今もこの塔を彷徨っている。


ウォーリック城
窓辺が気になるが…




最後に、このウォーリック城は、イギリス人にとって“ベスト10”に入る人気観光地である。一年を通して様々なイベントが行われているが、特に夏場には騎士の試合や中世風のディナーなど、多数のイベントが行われるため、家族連れで賑わう。
                






Warwick Castle HP ウォーリック城のHP
Warwick Castle Corporate Events ウォーリック城でのイベントについて
心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト


pagetop /
     

TrackBackURL
→http://blairwitch.blog63.fc2.com/tb.php/10-8bb973e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。