始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
自宅玄関で撮ったオーブの写真
スピリチュアル / / 心霊写真 in イギリス
karenwithakさんが、自宅の玄関を入ってすぐのところで撮った写真に、オーブが6つ、写っていた。下は、角度を少し変えて、撮ったもの。同じくオーブが写っているが、光は玄関の外から差し込んだものより、室内からのものの方が強い。影の出来方に注目していただきたい。


オーブの写真 by karenwithak

Photo : karenwithak
Creative Commons : by,nc,nd 3.0

... 続きを読む
スポンサーサイト
pagetop /
購入を検討したボートハウスにオーブが
スピリチュアル / / 心霊写真 in イギリス
幅こそ狭いものの、全体的に明るい木目調の内装で統一され、さっぱりとした印象のボートハウスである。しかし、新築であるはずのボートハウスの写真には、オーブの姿が。これが「購入など、とんでもない!」と思わせた要因らしい。まぁ、確かにオーブが写ってはいるものの、悪い感じはしないし、空気も澱んでいる風ではない。私であれば、この物件の場合、オーブは購入を断念する要素にはならないだろう。

なお、投稿者のコメントによると、この写真は新築物件として売り出されていた当時の、パンフレットに掲載されていたもので、今(2008年1月)では、築4年になっているとのこと。



購入を検討したボートハウスにオーブが by MonkeyBoy69
検討したボートハウスには、オーブが3つ、漂っていた。

Photo : MonkeyBoy69
Creative Commons : by,nc 3.0


オーブが写った心霊写真及び心霊動画 :
・ ゆっくりと動く超巨大なオーブ by YouTube
・ 瞑想中に集まってきたオーブ
・ トンネル入り口に浮遊するオーブの群れ
pagetop /
「帰らずの森」の妖精 by YouTube
不思議生物 / / YouTube心霊動画集
このサイトを訪れる方であれば、幽霊を目撃した経験を持つ方は多いだろう。しかし、そんな方であっても、妖精(精霊)を見たことはと聞かれると、少ないのではないかと思う。いや、目撃以前に、妖精については、大昔よりその存在が伝えられてきたとは言え、過去には偽造された写真も多く出回ったことであるし、信憑性に乏しいと考えられても仕方ないところである。そして妖精の存在は、文明科学が発達するに従って目撃例が減ったこともあり、更に疑わしいものになっていった。しかし、ここ何年からか、妖精を始めとした様々な、空想上の生き物、お伽噺の世界の生き物とされたものや、未知の生物が、世界各地で目撃されるようになった。そしてその中には、妖精らしき生き物(?)の目撃もあった。

現在までのところ、妖精なるものが「生物」であるのか、「霊的な存在」であるのか、あるいは確実に「存在」しているものなのかすら、判っていない。そのため、後に「生物」であるとされる日も来るかもしれないが、今の時点では「霊的な存在」である可能性もあることから、このサイトでも扱ってみたいと思う。


クラッパムの妖精5YouTubeより、「クラッパムの森の妖精?それとも…」(原題は「clapham woods fairy or ?」)。

イギリス、ウェスト・サセックス州にある、クラッパムの森(Clapham Wood)。クラッパムの森には、独自の伝承が伝わっている。この、広さ5.15k?の森で、不思議なものの目撃や超常現象の体験が相次いでいる他、ペットが行方不明になったり、病気になる…と言うのだ。もちろん、その中には人が亡くなったというものも含まれている。妖精伝説が伝わる地にありがちな、いわゆる、「帰らずの森」だ。その「帰らずの森」で撮影したビデオに、妖精らしきものが写っていたと言う。いったいどんなものか、さっそく見ていただきたい。





ビデオの最後の方に、約2秒間、スッと現れて飛ぶ様子が写っている。かなり飛ぶスピードが速いので、よく見えないと言う方のために、キャプチャーを取ってみた。

... 続きを読む
pagetop /
馬のような形をとった煙状の霊体
心霊写真 / / 心霊写真 in 不明、その他
撮影地不明、撮影者不明。詳細なことは一切分かっていないが、集合写真の手前に、煙状の霊体が写っている。これについて、煙ではないかと思われる方も多いと思うが、煙にしてはあまりに不自然だ。

まず、煙はどこから立っているのか。一見すると、左から2番目の座っている人が何か持っているように見えるが、彼は両手を膝に当てているだけで、何も持っていない。そして、これが煙であるならば、一番濃くなる部分は煙が立っている元の部分であるかと思うが、一番濃くなっているのは、全然違う場所だ。そして何より、煙であれば、発生後わずかな時間でも風に流されて拡散し、いつまでもその場に留まらない。おそらく撮影当時は、誰も、このような煙状の霊体が漂っていることに気付いていなかっただろう。

なお、この写真では霊体にばかり目を奪われがちになるが、右のオーブが写っている辺りも気になる。



馬のような形をとった煙状の霊体


類似した心霊写真 :
モンテッキオ・エミリアの街角で撮られた心霊写真
スマトラ沖大地震後にタイで撮られた心霊写真

心霊、心霊写真、幽霊、霊視 に関する相互リンクサイト
pagetop /
ゆっくりと動く超巨大なオーブ by YouTube
心霊動画 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「ロザラムの幽霊に関する報告」(原題は「Rotherham-ghosts Orb submission」)。民家(?)の廊下を漂う、巨大なオーブが写っている。この動画について、詳細は不明だが、「rotherham-ghosts.com」という心霊サイトに、サイト訪問者から寄せられたビデオとのこと。

ちなみに「Rotherham」とは、イギリス、サウスヨークシャー州ロザラム(発音はロザルムの方が近い)のことであるが、彼の地には、幽霊が出没するスポットがたくさんあり、そのため幽霊への関心度も高いようだ。この地で目撃される幽霊の代表的なものとして、ローマ時代の兵士の霊や学校の敷地を横切って通る霊(学校の隣は、古い墓地)、80年代の服を着た男の霊、ビクトリア朝時代の服を着た女性の霊、修道士の霊…etc.がある。そして幽霊パブもあるので、旅行の機会に恵まれた方は、ぜひ1杯やってきていただきたい。





オーブが写った心霊写真 :
・ 瞑想中に集まってきたオーブ
・ トンネル入り口に浮遊するオーブの群れ

pagetop /
エレベーターに乗った老婆の霊 by YouTube
心霊動画 / / YouTube心霊動画集
本日お届けするのは、YouTubeより「エレベーターに乗った老婆の霊」(原題は「Granny Ghost on Elevator」)。シンガポール発、世界を震撼させた、驚愕の心霊映像である。


エレベーターに乗った老婆の霊 by YouTubeこれは、ビルに備え付けられていた防犯カメラが、偶然捉えていたものである。4つに分割された画面のうち、特に右下の画面に注目していただきたい。

深夜、仕事を遅くまでこなし、すっかり疲れきった、中間管理職の男性2人。防犯カメラの映像を見ていると、それまでにも怪しげな兆候が見て取れるのだが、2人はそんなことなど知る由もなく、エレベータに乗り込む。そして、目的の階に着き、エレベーターを降りる際、、 




いや、後は実際の映像を見ていただこう。




... 続きを読む
pagetop /
戦慄の心霊映像 ビデオチャット by YouTube
心霊動画 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「戦慄の心霊映像 ビデオチャット」。


戦慄の心霊映像 ビデオチャット by YouTubeYouTube動画のナレーションによると、これは投稿者が、パソコンでチャットをした際に記録した映像とのこと。投稿者の男性が、相手の女性の姿をもっとよく見ようと、ベッドの上に立ってもらったり、上着を取ってもらったりして、機嫌良く会話を進めていくのだが、その中で女性が体を大きく傾けた時… 

そこに何か、不可解なものが写っていた。

後ろに誰もいないことは、女性がベッドの上に立ったときの映像で明らかなのだが…。




それでは、問題の心霊動画をご覧頂きたい。




拡大写真


なお、途中で「クマのぬいぐるみが倒れるのが不自然」という指摘もあるようだが、それは単に、長いビデオチャット映像を短く編集したことによる違和感で、カットした部分で、女性の座ったイスが本棚に当たったのだろう。

また、ナレーションでは、この映像に写り込んだ奇妙な男性について、「この女性に何か恨みを抱く男性の姿とでも言うのだろうか。」とあるが、私は、直接的な恨みではなく、恋慕から来たものと推測する。



おススメ心霊動画 :
「引っ越した部屋の首吊り霊」 by YouTube
pagetop /
タイムズスクエアのホームレスと「蒸気」
ちょろっと / / 心霊写真 ではないが…
人で賑わうタイムズスクエア(ニューヨーク)…。マンホールから吹き出る蒸気の中を、ホームレスが亡霊のように歩いている。比較していただきたく、掲載することにしたが、このホームレスは誰が見ても分かる通り「生きた人間」であり、地下から吹き出る蒸気も、ただの「蒸気」だ。幽霊でも、霊体でもない。



タイムズスクエアの蒸気 by Daniele Sartori

Photo : Daniele Sartori
Creative Commons : by,nc 3.0

pagetop /
ボーウェン島の切り株にまとわりつく霊体
心霊写真 / / 心霊写真 in 不明、その他
写真に付せられたコメントによると、この写真は投稿者のフランス人の友人である、Laurent Cantaさんが撮影したものとのこと。2006年の夏、新しいカメラの試用にとボーウェン島(カナダ、バンクーバー近郊)に出掛けた折に撮影。このような、霧状に漂う霊体が写っているのに気が付いたという。

そのため、彼はすぐさま写真を撮り直したが、それには、このようなものは写っていなかった。そこで彼は、カメラを業者に持ち込み、説明を求めたが、店員の誰も、このような写真が撮れた原因を説明できなかったとのこと。



ボーウェン島の切り株にまとわりつく霊体 by PHILIPPE SOKAZO

Photo : PHILIPPE SOKAZO(投稿者)、Laurent Canta(撮影者)
Creative Commons : by,nc,nd 3.0

pagetop /
呪われたホープダイヤの怪
未解決事件・迷宮入り事件 / / 心霊写真 in 不明、その他
呪いのホープダイヤの話は、知っているだろうか。歴代の所有者に不運をもたらし、悲惨な最期を遂げた者も多いという、いわく付きのダイヤモンドである。このダイヤを巡っては、古くはインドの、ヒンドゥー教寺院に置かれた女神シータ像にはめ込まれていたものを盗賊が盗んだものの、気付いた僧侶がかけた呪いで死んだと言う話から、フランスのルイ14世が購入、ハート型にカットさせた頃から、フランスに衰退の兆しが現れたという話や、ルイ16世と王妃マリー・アントワネットが断頭台の露と消えたのは、ダイヤを受け継いだため…といった不吉な噂が、数多く囁かれている。このような云われのため、いつしか「呪いのホープダイヤ」と呼ばれるようになったのだが、現在は最後の所有者であった、ニューヨークのダイヤモンド商、ハリー・ウィンストン氏からの寄贈を受けて、スミソニアン自然史博物館が所蔵している。



スミソニアン自然史博物館所蔵のホープダイヤ by AP
スミソニアン自然史博物館所蔵のホープダイヤ by AP



…と、ここで疑問が出てくる。このような云われのため、寄贈された「ホープダイヤ」だが、これは本当に、噂通り、かつてルイ14世が所有していたものなのか。これに対し、フランス国立自然史博物館は、現在スミソニアン自然史博物館が所有している「ホープダイヤ」が、かつてルイ14世が所有し、フランス革命中に略奪された伝説の宝石「フランスの青(Blue Diamond、フレンチ・ブルー)」である証拠をつかんだと発表した。2008年11月のことである。

そしてこれが、そのニュースに添付されていた写真(時事通信)だが、何か気付かないだろうか。



呪いのホープダイヤは、ルイ14世のブルーダイヤモンドだった? by 時事
呪いのホープダイヤは、ルイ14世のブルーダイヤモンドだった? by 時事


... 続きを読む
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。