始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
聖パトリックの日に撮った写真にオーブが
心霊写真 / / 心霊写真 in 不明、その他
聖パトリックの日に撮った写真にオーブが by mygothlaundry

聖パトリックの祝日(アイルランドにキリスト教を広めた聖人、聖パトリックの命日。3月17日。緑色の物を身につけて祝う。)に、自宅で撮ったと思われる何気ない写真に、無数のオーブが写っていた、というもの。頭の上や本棚の前のものは、とても目立ち、わかりやすいが、それ以外にも無数のオーブが、女性を包み込むかのように写っている。さほど悪い感じはしないが、これだけの数のオーブが写るのは尋常ではない。霊障と言うほどのものは出ていないだろうが、身を清めたり、部屋を掃除し、換気を良くするなど、気を付けた方が良いだろう。撮影場所は、アメリカ、ノースカロライナ州と思われる。

Photo : mygothlaundry
Creative Commons : by,nc,sa 3.0


オーブが写った心霊写真 :
・ 瞑想中に集まってきたオーブ
・ トンネル入り口に浮遊するオーブの群れ
・ イタリアの心霊写真、詳細は不明
・ スマトラ沖大地震後にタイで撮られた心霊写真
・ ハロウィーンの夜の幽霊散歩(イギリス)
・ インドの市場を見たら二度と肉を食べられなくなる?(サーチナ)
・ 孫文の中山記念堂で心霊写真(オーブ)を撮影(レコードチャイナ)
スポンサーサイト
pagetop /
マイケル・ジャクソンの幽霊、ネバーランドに現れる?! by YouTube
不思議な出来事 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「ネバーランドの邸宅にマイケル・ジャクソンの幽霊が現れる!」(原題は「Michael Jackson Ghost NEVERLAND During CNN Larry King Interview with Jermaine Jackson」)。タイトルそのままだが、アメリカCNNテレビの人気トーク番組「ラリー・キング・ライブ」で放送された映像の中に、先月26日(アメリカ時間で25日)に亡くなったばかりの、マイケル・ジャクソンさんの幽霊と思われる「影」が映っていると、騒ぎになっているらしい。


YouTubeより、「ネバーランドの邸宅にマイケル・ジャクソンの幽霊が現れる!」



その映像は、CNNテレビのレポーター、ラリー・キングさんが、マイケル・ジャクソンの兄であるジャーメイン・ジャクソンさんに、インタビューがてら邸宅内を案内してもらう番組で撮影されたもので、デイリー・メール紙によると、撮影当時は、レポーターもカメラマンも、この影には気付いていなかったという。しかし番組が放送され、YouTubeにアップされるや否や、「マイケルの霊だ!」との噂が広まった。

マイケル・ジャクソン by Newscom/アフロレポーターが、マイケルさんが生前、いかにプライバシーを重視していたか説明した後、カメラが廊下を映し出したのだが、その際… 廊下の突き当たりを、黒っぽい影が横切る様子が、はっきりと捉えられている(楕円内側の、細長い影)。ファンやロンドン公演を予定していたAEG Liveにとっては、まだマイケル・ジャクソンの死因が、警察側からも、遺族側からも明らかにされないなど、落ち着かない状況かもしれないが、案外、マイケルさん自身は既に、永遠に変わらないネバーランドの生活を楽しんでいるのかもしれない。

映し出された「影」は、ファンによると「髪型もシルエットも、全て間違いなくマイケル・ジャクソン」とのことだが、あなたはどう思うだろうか。それでは、YouTubeの映像を見ていただきたい。

(Photo : Newscom/アフロ)
... 続きを読む
pagetop /
イタリアの物凄くリアルな幽霊 by YouTube
(;´A`)謎だ・・・。 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「イタリアの物凄くリアルな幽霊、他」(原題は「Fantasmi in video」)。イタリアの国営放送局(TG2)によるもので、どこか小さな町の出来事を捉えたビデオのようなのだが、とにかく凄過ぎて、驚いた。町の坂道を、1人のジプシーのような女性が、こちらへと下りてくるのだが、日陰になっているためか、全体的に薄暗く見える。…と、気付いた町の人たちが声をあげ、それに【驚いた】彼女は、【慌てて】裸足のまま、来た道を戻るのだが、その姿…! なんと、体が透けているのである。



YouTubeより、「イタリアの物凄くリアルな幽霊、他」

このように、服の「しわ」から表情まで、ここまではっきり、鮮明に判るものが、かつてあっただろうか。いや、数々の心霊系サイトで話題になっている、スペインのヒッチハイカーの幽霊もかなり鮮明に映っていて、あれも幽霊であると言われなければ、生きている人間と見間違うばかりであるし、私自身もたくさんのリアルな幽霊を見てきたが、それらが映像として記録されることは、滅多にない。その意味でも、スペインのヒッチハイカーの心霊動画は貴重な記録だが、このイタリアの心霊動画は、ひょっとすると、それ以上かもしれない。なぜなら… 

やはりそれは、これから動画を見る方の楽しみに取っておく方が良いだろう。という訳で、先に動画を見ていただき、その上で続きを読んでいただけたらと思う。なお、今回のイタリア国営放送による番組では、おまけとばかりに、他の事例もいくつか紹介している。(一番最後のは、「パパ」と言う名の「おばけ」だが。)


... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 ジョージア州オーガスタの呪われた柱
やばいよやばいよー / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、主に心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ「心霊観光地」を紹介している。いずれの地も、霊視すれば、かつては地元の名士だった霊や、気の置けないパブの親父さんの霊などが出迎えてくれる、アットホームな場所ばかりで、あまり柄のよろしくない地は、紹介していない。

しかしながら、もっとも恐るべきは「無知」であることと考える。そう、観光地化しているところであれば何処でも安全、というわけではない。ここで紹介している土地すら、「比較的安全であることが確認されている」のみで、安全を保障するものではない。それが、もし、「呪われたモノ」があることを売りにした観光地であったならば、、 言うには及ばない。身を守るためには、どのような土地、モノがあるのか、知っておくことである。

という訳で、今回は「呪われた柱」があるという、アメリカ、ジョージア州の町、オーガスタから紹介するが、実際に訪れる際にはくれぐれも用心すること。万が一、霊障に見舞われることになったとしても、当方では御祓いや電話相談といった活動は行っていない。




The Haunted Pillar of Augusta
(オーガスタの呪われた柱)


下町のメインストリートに面して残っている、1本の柱…。何の変哲もない、ただの古びたコンクリート柱を、町の人々は皆、運転する者も歩行者も、注意深く、避けるようにして通ると言う。


オーガスタの呪われた柱 by J. Stephen Conn

Photo : J. Stephen Conn
Creative Commons : by,nc 3.0
... 続きを読む
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。