始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
北京オリンピック採火式に現れた霊 by YouTube
心霊動画 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「北京オリンピック採火式に現れた霊」(原題は「BEIJING 2008 | Olympia Flame Ceremony - The Ritual (1/4)」)を、今夜は紹介する。心霊動画用に撮影・編集されたものではないので、該当の場面が表示されるまで気を揉むことになるだろうが、ご了承いただきたい。

YouTubeより、「北京オリンピック採火式に現れた霊」8月8日に迫った北京オリンピックだが、開催を機に、世界の関心が中国に集まっている。本来であれば、これは非常に歓迎するところであろうが、今度の開催国である中国の場合、世界が関心を持ったのは、人権問題及び環境問題だった。そのため、不参加を呼びかけるボイコット運動すら起き、参加予定各国の意思は揺れている。
芸術顧問へ就任要請されていたスティーブン・スピルバーグ氏の「お断り声明」は、世界に衝撃を与えたが、中国が受けた衝撃は、その何倍にも達しただろう。そして今月10日、ついにEU(ヨーロッパ連合)も、北京オリンピック開会式のボイコットも視野に入れた、EUの統一行動を呼びかける決議を採択した。

この北京オリンピックの開催時期及び競技時刻について、疑問を唱えるサイトがいくつかある。なぜ、真夏の真昼に行うのか、と。競技時間帯については、単純に最大のスポンサーであるアメリカのテレビ会社がゴールデンタイムに放送出来るように、とのことらしい。しかし開催期間については、漢字の「八」は日本でも「末広がりの“八”」とされるように、中国でも「発展」に結びつく、縁起の良い数字らしい。とは言え、そのようなことを言うようになったのは、現代になってからのもので、むしろ古代中国文化では、対極的な意味すら持っていたらしい。この件の詳細については、大紀元時報「北京五輪「8888」に隠れている天意」を参照いただきたいが、これが関係しているのかいないのか…、オリンピックが開催されるうえで最も大切な儀式、「採火式」の模様を収めた映像において、なんと「生首」の霊が写っていた。


それでは、北京オリンピック採火式の心霊動画を見ていただきたい。
... 続きを読む
スポンサーサイト
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。