始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
「神の手」と呼ばれる写真
不思議な出来事 / / 心霊写真 ではないが…
「神の手」これなるは、神の手と呼ばれる神秘的な写真。ただの「雲」の写真と言ってしまえばそれまでだが、はっきりと手のように見て取れる。自然の造形ではあるだろうが、心霊ならぬ神霊の介入を感じたとしても、不思議ではないだろう。

撮影地は沖縄とのことだが、いつ頃、誰が撮ったものかは不明。ネット、主に携帯メールを通じて、広まっているらしく、私がこの「神の手」なる写真を手に入れたのも、職場の同僚から。私自身、国内海外を問わず、度々天使の形をした雲を見つけては撮影しているが、それにしてもこの写真は雲間からの光と言い、素晴らしいと思う。

ネットで神の手を検索してみたところ、その人が言うには、既に1・2年前、海外でチェーンメール化していたらしい。もっとも、その時は今のような「7人にこの画像を送ると幸せになれる」とか「神様からのメッセージ?」等々といったスピリチュアルで神秘的な(?)コメントとは対極的なコメントが付けられていたようだが(詳しくはリンク先を参照のこと)。

ちなみに、この神の手なる写真には「加工作品」疑惑も上がっているらしい。フォトショップやら何やらの画像修正(加工)ソフトを使えば作れるんじゃないか、と言う意見があり、またネタ元を探っていくと「自分が加工しました!」と言う書込みも見つかったと言う(真偽の程は確かではないが)。確かに、フォトショップを使えば、馴れた人であれば可能であるかも知れない。私が現在使っている画像修正ソフト(フォト工房)は、「デジタル暗室」とのキャッチコピーから判るとおり、自宅に暗室を持つことまでは出来ない写真好きでも、パソコンを使って擬似暗室とすることが出来るという、徹頭徹尾「より美しく見せる」ためのソフトであって、加工用ではないが、それでもある程度は「加工」可能であり、「加工」してこの「神の手」写真を作る手順も、多少ながら思い浮かぶ(しかし「フォト工房」では、近いものは作れても、ここまで自然な感じに馴染ませることは無理だろう)。しかし、「神の手」が「製造」可能であるからと言って、それが直ちに「偽物」を意味するとは思わない。「神の手」写真は、にわかには信じがたい造形であり、普段あまり雲の形など気にも留めない人であれば余計に、自然の成したものであるとは信じられないだろう。しかし私は(心霊も信じがたい現象かもしれないが)風がいかに創造的であるかを知っているので、自然の成したものであるか、人が成したものであるか、判然としない。

なお、雲間から放射状に漏れる光の筋などを、英語で神の手(God's Hand)と呼ぶらしい。と言うことは、この下の写真など、ギリシャ正教の聖地メテオラで撮ったものだけに、まさに「神の手」だ。

メテオラに光差す


天使おまけ。右の写真は2004年に、私が兵庫県の美奈木台で撮ったもの。一応付いている程度の携帯デジカメで撮ったものなので、画質は最低だが、これは撮ったそのままである。



参考 :
「神の手」はどこから来たのか PSJシブヤ研究所X
「神の手」の正体? PUKAPUKA blog

心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。