始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
お化け森の幽霊 by YouTube
怪奇・超常現象 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「お化け森の幽霊」(原題「Spooky woodland ghost」)。

心霊動画を探されている方も大勢いるようだが、あいにく手持ちにはない。そこで、YouTubeにて心霊動画を探してみた。もう見られた方もいるかもしれないが、お付き合いいただければと思う。

YouTubeより、「Spooky woodland ghost」
今回の心霊動画は、「Spooky woodland ghost」。どこかの家の庭をホームビデオで撮影したものと見られるが、非常にわかりやすい。暗く、また解像度も低いが、それでもはっきりとわかる。特に霊感や霊視能力は必要としないので、どなたも見ていただきたい。





しかし、世界広しと言えど「心霊動画」としてYouTubeにアップされている動画の大半は、「オーブ」である。幽霊の「目撃体験」としては人型のものがよく語られるが、その実、動画や心霊写真となると、このように人型をしたものが捕らえられることは少ないようだ。



... 続きを読む
スポンサーサイト
pagetop /
ストーンヘンジの建造理由、解明に近付く
スピリチュアルワールド / / 心霊写真 ではないが…
2007年1月31日、ナショナル・ジオグラフィック社より、イギリスはもちろん、世界を代表する遺跡の1つと言っていい遺跡、ストーンヘンジ(1986年、世界遺産登録)近郊のダーリントン・ウォールで、数百人規模が居住していたとみられる古代住居の跡が発掘されたとの発表があった。遺跡の床から、箱形のベッドや、木製ドレッサー(ないし食器棚)の跡も見つかったことから、ストーンヘンジを造った人々の住居跡と見られているが、これは、これまでイギリスのブリテン島で見つかった新石器時代の住居としては最大である。そして放射性炭素測定の結果、さらに驚くべきことが判明した。発見された遺跡は、ストーンヘンジ遺跡の建造と同じ紀元前2600?2500年のものだったのである。 


ストーンヘンジ 2

                                    

そしてこの住居遺跡とほぼ同時に、別の新石器時代の住居遺跡2つと、遺跡とエイボン川を結ぶ「石畳の道」も発見されたが、道の発見は、ストーンヘンジ建造の理由を解明する手掛かりになるかもしれない。

... 続きを読む
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。