始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
霊感を失うということ
ま、いっか。 / / 分類し難い幽霊・心霊話
霊感がない人にとって、霊は見えないものであるから、その見えぬ「未知の相手」を恐れるのは当然だろう。見たこともないのだから、いくら視える者に「在る」と言われても、にわかには受け入れ難いだろう。その心情は、こちらとしても察することが出来る。霊感云々は抜きにして、ただ「健常者」として、目の見えぬ者に物の形やら何やらについて説明するのも困難だからだ。しかし霊は確実に存在しているから、視えるし、視えるものは、視えるのだから、それを無理矢理「視えない」と言うのもどうかと思う。

しかし(よく訊かれることだが)、私は霊が視えるわりに、「恐い」思いは、ほとんどしたことがない。生まれつき霊感が強いのかどうかは判らないが、幼い頃から霊の姿は日常の風景だった(ハッキリしてきたのは、8歳頃からだが)。だから「霊視出来るのか」等々の質問には、苦笑いしてしまう。霊視も何も、、あなたには、手元のマウスやキーボードが当たり前のように見えているだろうが、それと同じことだ。普通に視えているものなので、わざわざ「霊視」と断るのもどうかと思う。もちろん、時には意識して「霊視」することもあるが、それが必要になる場面など、滅多にない。

…と、ここまで視覚的感覚のことばかり書いてきたが、何も「霊感」とは霊視に限ったものではない。人によって様々で、視覚的な感覚が優れた者もいれば、触覚的感覚、聴覚的感覚、嗅覚的感覚…が優れた者もいる。そして恐らくは、私はハッキリと知覚したことはないが、味覚的感覚というのもあるのだろう。そう、まるっきり通常の五感と同じである。

ところが、通常の五感が病気や事故等で失われることがあるのと同様に、霊的五感も失われることがある。と言うより、書籍などを読む限り、霊的な五感の方がかなりの確率で失われるようだ。そして、それが起きるのは、幼児から子供になる頃、または思春期に多いとされるが…、私の場合、それはやや遅れてやってきた。思春期も過ぎようと言う頃になって、ある日気が付いたら、無くなっていた。

普段当たり前のように「視えて」いたものが、視えず、当たり前のように聞こえていた「霊のざわめき」が聞こえなかった…。

学校は普段と何ら変わりなく、通常の五感にも変わりはなかったが、何か世界から切り離されたような喪失感に襲われた。目が見えなくなったわけではなく、黒板の文字も読めるし、級友の顔も判る。先生の声が聞こえないわけでもない。しかし、何かが違っていた。




…何ヶ月か後、幸い(?)にも感覚は戻って来た。私にも(霊感を失う)この時が来たかと、半ば諦めていたが、感覚が戻って来たのを感じた時には、なぜかうれしかった。霊感が強くても、得することばかりではない。むしろ「厄介事」に巻き込まれる危険性が高くなるだけ、とも言える。それでも、うれしかった。
ただし、一度失われたものだからなのか、意識してあまり視ないようにしているからか判らないが、以前ほどには視なくなった。


スポンサーサイト
pagetop /
心霊小話(2) パールハーバー夜話
不思議な出来事 / / 心霊体験 ぷち♪
霊が視えるのは、恐い…? 心霊体験とは、恐い体験のこと…?
確かにそんなことも多いかもしれないが、それは私にはあまり当てはまらない。今回は、霊が視えるわりに、「恐い」思いはほとんどしたことがない私の、数少ない心霊体験の1つ。それは高校主催の「アメリカホームステイ1ヶ月」に行った帰り、飛行機の乗り継ぎの都合でハワイに寄った時のことである。

ハワイ。それは世間一般的な日本人ならば、誰もが憧れると言う、常夏の島。日本のじっとりとした湿気はどこにもなく、砂浜は粒子の細かいさらさらの砂。そこにいつでも太陽がさんさんと輝くとなれば、日本人が大挙して押し寄せるのも、仕方ないのかもしれない。ついには「アメリカ領日本」とまで揶揄されるようになった。そんなハワイ、ワイキキのビーチで私たちも少ない自由時間を楽しんだ。そして夜、1人の友達の部屋で話し込んでいたのだが、気が付けばみんな集まっていた。そんな折、ふと誰かがつぶやいた。

Pearl Harbor    …と。

... 続きを読む
pagetop /
とっても怖い幽霊ビデオ by YouTube
霊界探訪 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「とっても怖い幽霊ビデオ」(原題「VERY SCARY VIDEO OF GHOSTS AND EVP」

心霊動画を探されている方も大勢いるようだが、あいにく手持ちにはない。そこで、YouTubeにて心霊動画を探してみた。もう見られた方もいるかもしれないが、お付き合いいただければと思う。

YouTubeより、「VERY SCARY VIDEO OF GHOSTS AND EVP」
今回の心霊動画「VERY SCARY VIDEO OF GHOSTS AND EVP」は、廃墟探索ビデオ。
タイトルには「Ghost(幽霊)」とあるが、幽霊は出てこない。しかしいちいち場所を示す必要もないほど、オーブが乱舞している。オーブが好きな人には、もってこいのビデオだろう。





この廃墟の危険度は、直ちに危険が及ぶほどのものではないが、これだけのオーブが舞っていることもあり、いちおう注意を要する、と言ったところか。。

... 続きを読む
pagetop /
パターソン・タワーの幽霊出没調査 by YouTube
都市伝説・噂話 / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「パターソン・タワーの幽霊出没調査」(原題「Haunted Investigators Patterson Tower」(Ghost Hunters tv show)

心霊動画を探されている方も大勢いるようだが、あいにく手持ちにはない。そこで、YouTubeにて心霊動画を探してみた。もう見られた方もいるかもしれないが、お付き合いいただければと思う。

Haunted Investigators Patterson Tower (Ghost Hunters tv show)
今回の心霊動画「Haunted Investigators Patterson Tower」は、真相究明! ついに、ゴーストハンターを名乗る男たちが、噂の幽霊出没スポットに乗り込んだ…! とでも言うもの(テレビショー)。パターソン・タワー(米、オハイオ州)は「魔女の塔」として知られる心霊スポットだが(ビデオ中の説明より)、ここで何が起きるのか…? 全体で7:40と長めだが、探索は2:50から。




... 続きを読む
pagetop /
「【心霊】階段を降りてくる人影」 by YouTube
スピリチュアルワールド / / YouTube心霊動画集
YouTubeより、「【心霊】階段を降りてくる人影」

心霊動画を探されている方も大勢いるようだが、あいにく手持ちにはない。そこで、YouTubeにて心霊動画を探してみた。もう見られた方もいるかもしれないが、お付き合いいただければと思う。

YouTubeより、「【心霊】階段を降りてくる人影」
今回の心霊動画「【心霊】階段を降りてくる人影」だが、はっきり言って恐くない。恐い心霊動画を求められる方には申し訳ないが。

もちろん、恐いか恐くないかは人によって程度の差があるので、恐いと感じる方もいるかもしれない。





なぜこんなものを選んだかと言うと、いわゆる【幽霊が見える人】には、どんな風に見えているのか、それが一番よくわかっていただけるビデオだと思ったからである。こういう私も、面倒を嫌がって視ないようにしているためか、霊感が弱くなったのか、、 あまり視ることはなくなったが、このようなものは私にとって、日常の風景である。

... 続きを読む
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。