始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
補足 ヒントン・アンプナーの心霊現象(BlogPet)
駄文 / / 幽霊好きCheddarの部屋
以来は、ジェルビス男爵もしくはセント・
ヴィンセント伯爵と名付けられた
なお、このヒントン・
アンプナー
の心霊現象についてまとめた紳士が黄色い部屋に入っていくのを確信したのである
(ウィリアム・)
リケットと結婚し、メアリーはジャマイカのを確信したのは、生涯損なわれることは、詳しいいきさつについて述べた資料が黄色い部屋に入っていくのを見た
と断言した
そしてそれ以来、ドアがバタンと閉まる音や足を見た
と断言したのである
... 続きを読む
スポンサーサイト
pagetop /
補足 ヒントン・アンプナーの心霊現象
幽霊の謎 / / 心霊観光案内
心霊観光案内の項で取り上げたHinton Ampner (ヒントン・アンプナー)の心霊現象について、詳しいいきさつについて述べた資料が見つかったので、少々長いがここに載せておく。


*     *     *     *     *



The Gray Man of HINTON AMPNER


ヒントン・アンプナーの心霊現象に関する最初の報告は、メアリー・リケットと彼女の子供たち、及び使用人、兄によって、「最も気味が悪く恐ろしいもの」として報告されている。メアリー・リケットは賢く、読書家の女性で、その誠実であるとの評判は、生涯損なわれることはなかった。そして彼女の兄、ジョン・ジェルビスは、海軍の有名どころの名前をとって、ジェルビス男爵もしくはセント・ヴィンセント伯爵と名付けられた。なお、このヒントン・アンプナーの例は、超常現象調査会誌によって、1893年の4月に出版されている。

1757年、メアリーはジャマイカのカナーンに住むウィリアム・ヘンリー・リケットと結婚し、イギリスのヒントン・アンプナー大邸宅に引っ越してきた。そしてそれ以来、ドアがバタンと閉まる音や足を引きずって歩く音といった心霊現象に悩まされるようになったのである。(ウィリアム・)リケットは「何かがうろつく」様子を幾晩も見張った後、それがなぜか家に入り込んでいるのを確信した。子供たちの世話係が「冴えない色のスーツを着た紳士が黄色い部屋に入っていくのを見た」と断言したのは、既に彼らがヒントン・アンプナーに住み着いて半年が経ったときのことだった。とは言え、これらの心霊現象が起きていることは、リケットにとって既に4年間も許容していることで、あの物音も風と「何かうろついているもの」によるものであって、「灰色の男」や「1度見ただけの女」などは使用人たちの想像力の産物に違いない、と言って聞かなかったそうである。
... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 ヒントン・アンプナーの怪奇現象
裏海外旅行情報 / 海外情報 / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。




Hinton Ampner   (ヒントン・アンプナー)


世に言う「幽霊屋敷」…。これぞまさに、ヒントン・アンプナーのことである。1人の男の心無い仕打ちが女を苦しめ、霊となって屋敷を彷徨わさせることになったが、そんな薄情な男にもまた、不幸な最期は待ち構えていた。男の霊が苦しみから解放されるには、永遠にも近い時間が必要かもしれない…。


ヒントン・アンプナー                              photo by National Trust


... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 ブリックリング・ホール(BlogPet)
こんなかんじです / / 幽霊好きCheddarの部屋
きょうはロンドンへ幽霊っぽい左右しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Cheddar」が書きました。





買い物帰りに幽霊を霊視する?
no name nekoは買い物帰りに幽霊を霊視しなかったよ。
no name nekoは買い物前に幽霊を霊視したー!
バイクの座席に幽霊、腕だけ 肩から先、とno name nekoが言っていたよ♪
no name nekoは自転車止めるところ、変えたよ。
no name nekoの日常。
車にも運転席、no neme nekoは視ているよ♪

pagetop /
ダートムーアの、川辺の白骨霊(イギリス)
本当にあった気持ち悪い話 / / 心霊写真 in イギリス
イギリス南西部、デボン州には広大な国立公園が存在する。ダートムーア国立公園というそこは、手付かずの原野が広がるところで、荒地あり、森林地帯あり、川あり、谷あり…と、変化に富んだ地形をしている。その中心にはプリンスタウンという村があるのだが、そこには有名な刑務所がある。そこからの脱獄囚が犬に殺される場面が、シャーロック・ホームズの「バスカヴィル家の犬」に出てくる。荒涼とした荒地が、コナン・ドイルに霊感を与えたのだろうか…?

それはさておき…、そのダートムーアの森で撮った写真であるが、これも心霊写真だった。川辺だから寄ってきたのだろうか、よく見ないとわからないのだが、3体の霊が写りこんでいる。


ダートムーアの川辺で

                 ブルーベルの花咲く、美しい森だが、これも心霊写真
... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 ブリックリング・ホール(BlogPet)
徒然日記 / 日記 / 幽霊好きCheddarの部屋
大部分をすごした
素晴らしいものと詳細とか御者などをジャコビアンしたかった
nonamenekoは、豪華なロングギャラリーにあるブリックリング・
ホールで斬首されている
17世紀初頭に建てられたが、やはり幽霊だろう
ここブリックリングホールしたかった
もちろん、その詳細とか御者などを引用しなかった
と、no name nekoが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Cheddar」が書きました。




no name nekoは怖い話が好きー! 
でも心霊スポットには行かない と、no name nekoが言ってたよ♪
幽霊を極端に怖がる必要はないけど、危ないのもいるんだってー。
一般公開されている屋敷は、やはり幽霊だろう
しかし一般公開されている幽霊は、あまり危険ではない?
no name nekoは選んでいるよ。
no name nekoは、もっとゴーストウォークしたかった。

pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。