始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
聖地探訪 ルルド(フランス)
不思議な出来事 / / 心霊写真 ではないが…
いつもいつも心霊写真だ何だ…と、【縁起の悪い画像】ばかり載せているが、たまには縁起の良さそうな不思議写真でもいかがだろうか…。

ここは「ルルド」。今も世界中から巡礼者が訪れる、カトリック最大の聖地だ。それは、この付近に住んでいた貧しい少女ベルナデットが、聖母マリアの出現を受けたことに始まる。そしてベルナデットが、マリアが現れた場所を少し掘ってみると…、泉が湧いた。ありがたい話だ、と言うことで、死に瀕した病人がこれを飲んだところ、とうに医師にも見放された状態であったにもかかわらず、快癒してしまった。この奇跡が話題となり、世界中から医者に見放された病人たちが、奇跡を求めて押し寄せるようになった。これが、ルルドである。

しかしルルドが破格に素晴らしい場所だと言うところは、バチカンがその奇跡を認めた、という点に尽きるだろう。と言うのも、いかなる超常現象を起こす人物、場所、物であろうと、おいそれとバチカンが認めることはないからだ。バチカンによる奇跡認定は、かなり科学的にして厳格なものであり、どんなに「奇跡だ!」と申請したところで、わずかでも現代医学や自己治癒能力によって回復する可能性があるとされれば、「奇跡」とは認定されない。

それでもその厳格な調査のもと、多数の「奇跡」が認定されている場所…、それがルルドである。


    ルルド 1

ルルドの夕暮れ。スローシャッターも何もない、バカカメラで撮った1枚。しかし沈み行く太陽は大きく、心なしかプロミネンス(?)のようなものまで写っているように見える。専門家に言わせると、「そんなことは、あり得ない!」そうだが。

... 続きを読む
スポンサーサイト
pagetop /
ウォーリック城に住む者たち(イギリス)
オカルト・ホラー / / 心霊写真 in イギリス
心霊観光案内 Warwick Castle」にて既出の写真だが、その後気になっていた窓辺を改めてじっくり見ていると、やはり心霊写真であることが分かった。


伯爵の霊、他 1



右、やや下にある窓辺をアップしたものが、こちら。

... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 コートヘル
なんとなく気になる。。 / / 心霊観光案内
…「Blair Witch -心霊写真の森-」にようこそ。このような場所に迷い込むとは、よほどの幽霊好きか、さもなくば既に幽霊に取り憑かれている者とお見受けする。この「心霊観光案内」の項では、心霊ロマン溢れるイギリスから、とっておきの心霊スポットならぬ、幽霊が出没するとの噂が多く聞かれる「心霊観光地」を紹介していく。いずれの地もいわく付きの歴史ある土地ばかりなので、霊視すれば、由緒正しい、かつては地元の名士だった霊が出迎えてくれていることに気付くだろう。仮にあなたの霊感が弱く、うまく霊視出来ないとしても、そこは一般的な観光地でもあるため、霊に出会えなかったとしてもそれなりに楽しめるだろう。

ただし忠告しておくが、運良く霊と出会えたとしても、霊とは節度を保ったお付き合いをすること。幽霊を交えた三角関係になっても、そのような電話相談は御免こうむる。


Cotehele (コートヘル)

イギリス、コーンウォール――。Tamar川のそばの丘の上に、花崗岩とスレートで出来た、中世の屋敷がある。1485年?1560年にかけて建てられ、また幾度もの改修経たその屋敷は、数世紀の長きに渡ってEdgcumbe家が所有していた。

個人個人の部屋には大きな暖炉があり、壁には豪奢な織物が掛かっている。屋外には幾何学的なデザインに整えた庭が、日陰を好む植物を豊かに茂らせた谷間を見下ろしている。またこの屋敷の敷地内には、他にも中世の鳩小屋や池、ビクトリア朝のサマーハウスがあり、更には18世紀に建てられた塔もある。鎧や家具なども必見だろう。


コートヘル
photo by National Trust


もちろん、この屋敷も相当に古いものであるから、幽霊の噂話は昔からある。興味がある人は、よく目を凝らしてみると、何かぼんやりとしたものが見えるかもしれない。あるいは、音楽が聞こえたり、何かこう…不思議な、ハーブの香りがする一瞬があるかもしれない。このコートヘルの屋敷では、そんな心霊現象も多々起きている。

... 続きを読む
pagetop /
ハロウィーンの夜の幽霊散歩(イギリス)
ミステリーナイト / / 心霊写真 in イギリス
この「Blair Witch 心霊写真の森」では、幾度となく紹介している「ゴースト・ウォーク」だが、私も1度、時期がハロウィーンであったこともあり、どんなものなのか参加してみたことがある。
その日の集合は、夜10時にセント・ポール寺院の前に集合…と言うものだった。雨は上がっていたものの、まだ時折、雨がパラついていた。そんなお天気の夜、セント・ポール寺院はライトアップされて、白く浮かび上がっていた。


ハロウィーンの夜の幽霊散歩



さしたる気配は感じないものの、このように改まって「(幽霊が)出没する」可能性が高い場所を、同じく「(幽霊が)出没しやすい時間に訪れようとするのは初めてだったので、心なしか緊張した。

... 続きを読む
pagetop /
幽霊好きのための Ghost Walk
オカルト・ホラー / / 幽霊散歩へのお誘い
心霊現象に多少なりとも興味を持つならば、イギリスのことは聞いていることと思う。この地球上のあらゆるところで人は生まれ、死ぬ。イギリスだけで、生まれたり死んだりするわけではない。当然、世界の至るところで、幽霊は出没する。しかし、なぜかイギリスは突出して有名だ。

緯度が高く、暗闇に沈む時間が長いからなのか、北方からの冷たい気流とグレートブリテン島の側を流れる暖かい海流とがぶつかって、湿り気をもたらすためなのか…、先住民族のケルト人や、イギリスが辿ってきた陰惨な歴史の影響もあるだろう。アングロサクソン人がグレートブリテン島にやってくる以前、そこに住んでいたケルト人は、自然の中に精霊を見出し、信仰した。そうした土壌がある土地で、やってきたアングロサクソン人は、権力を巡って熾烈な争いを繰り広げた。これで幽霊が、出ないわけがない。事実、この国では…、幽霊は実によく出没する。

しかしながら、だ。この国の人々は、そんな幽霊たちを恐れもするが、愛しもする。パブなどが、そのいい例だ。イギリスには「幽霊パブ」が真に多いが、その多くは大繁盛している。人々は「かつて人であった人」と共に語らい、ビールを楽しむ。だからか、幽霊が憑いているパブと憑いていないパブとでは、売りに出した時の値段が違うらしい。

このように(全てがそうとは限らないが)幽霊との同居をも楽しんでしまうお国柄だから、自慢の幽霊たちを紹介しようというプログラムも、もちろんある。それが、Gohst Walk(ゴースト・ウォーク)だ。ロンドンのものが一番良く知られていると思うが、Ghost Walkは、他にもイギリス各地で催されている。いずれも夜、あるいは夜中に近い時間に指定の場所に集まり、ガイドに従って『名所』を訪れ、そこにまつわる話を聞く…というもの。ガイドはいずれも、好きでこの仕事をやっている者たちばかりだから、説明にも凝っている。その霊の話にあわせ、時にはしんみりと、時にはオーバーアクション気味に、実に熱心に語ってくれる。もちろん、そんな場所ばかりを訪れるのだから、心霊写真を撮る機会はいくらでもあるだろう。興味がある方は、ぜひお試しあれ。
... 続きを読む
pagetop /
幽霊散歩 ハンプトンコート・パレス
旅情報を集めよう / 旅行 / 幽霊散歩へのお誘い
The Ghoast Walk of Hampton Court Palace

幽霊たちが堂々と闊歩する国イギリスだが、それは王宮も例外ではない。むしろ王宮の方が、そうした心霊現象の目撃談は充実している。なぜなら、そこでは進んで心霊現象のモトが生産されてきたからである。直接そこで処刑しなかったとしても、やはり王宮と言う場所柄、恨み・辛みの念は、そこかしこに渦巻いていただろう。そういう訳で、ここハンプトン・コート・パレスでも幽霊は霊感の在る無しに関わらず、多くの人々によって目撃され、また心霊写真も数多く撮られている。有名なところとしては、監視カメラに写った画像が、ニュースで配信されたこともある。だが、昔のこととは言え、ハンプトン・コート・パレスは「王宮」である。そんな場所でもゴーストウォークを開催するとは…、改めてイギリス人の幽霊に対する熱意を感じる。


   Hamptoncourt_book2
   ハンプトン・コート・パレスにて購入したパンフレットより、クロックコート(時計台のある庭)。
   ここには「ジェーン・シーモアの霊」が現れる。



hamptoncourt_staffそんなハンプトン・コート・パレスのゴーストウォークだが、これは通年で行われているものではない。毎年10月の終わりから1月の半ばまでの冬季のみ。2005年度は10/31?翌2006年の1/15まで、毎週火曜日と木曜日は20:00から、日曜日は18:00から開催された。なおチケットは?25、12歳以上の方のみ。人数に限りがあるので、予約した方が良い。

※ 残念ながら、その季節にならないと案内のページは表示されない模様…。     



 Henry8







ところで、ハンプトン・コート・パレスで頻発する心霊現象の、大部分の根源となったヘンリー8世(左)と、その6人の后たちについて、まとめておこう。   



... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 ハンプトンコート・パレス
海外の不思議な場所 / / 心霊観光案内
Hampton Court Palace
 (ハンプトン・コート・パレス)

ロンドン中心部、Waterloo(ウォータールー)駅から国鉄 South West Trains に乗って、わずか35分。あのテニスで有名なウィンブルドンを通り過ぎ、Hampton Court で降りてすぐ、橋を渡ったそこに、ヘンリー8世の居城として知られる Hampton Court Palace はある。


            Hamptoncourt_book1


いきなりヘンリー8世と言っても、ピンとこない人もいるかもしれないが、スペインの無敵艦隊を破り、大航海時代の先駆けとなった≪エリザベス1世≫の父王だと言えば、合点が行くかもしれない。
初めエリザベス1世は、女と言うことでずいぶん侮られもしたようだが、総じて見ればスペインの無敵艦隊のことと言い、「礼拝統一法」によって英国国教会を国家の主柱として位置づけることに成功したことと言い、よくやったと言えるだろう。だが、それらは全て、父であるヘンリー8世の考え方や政策を踏襲したものであった。そこからも、ヘンリー8世がいかに“王として”偉大な者であったか、推し量ることが出来るだろう。このハンプトン・コート・パレスは、そのヘンリー8世時代にウルジー枢機卿によって建てられた別荘であったが、当時失策を重ねていたウルジー枢機卿は、王の寵愛を失うことを恐れ、これを献上したのであった。

(このハンプトン・コート・パレスは、初めチューダー様式の邸宅として建てられたが、その後ウィリアム3世の時代になって、元のチューダー様式を残しつつもバロック様式で改築を進められ、また現在に見るような広大な庭園も造られて、この姿になった。写真は、パンフレットによる。)

... 続きを読む
pagetop /
心霊小話(1) Greville伯爵
ヨーロッパ旅行記 / 旅行 / 心霊体験 ぷち♪
ウォーリック城は、イギリスでも10本の指に入る大人気観光スポットだ。騎士に扮したスタッフによって、中世の騎士たちが戦いの合間に行っていたトーナメント(試合)を再現するなどしているから、それも当然かもしれない。私がウォーリック城に行ったのは、11月。日本でも日没が早まる季節だが、緯度が高いイギリスでは、もっと早く日が暮れる。そんなわけで、帰ったのは夕方のはずだが、闇の深さは深夜のようだった。



ところで、ウォーリック城には「出る」との噂がある。

ウォーリック城の公式HPにもしっかり書いてあるが、現在「Ghost Tower」と呼ばれている塔の小部屋で、(Fulke)Greville伯爵は刺殺された。常に戦いの中心にあった城であり、城主なので、暗殺されたと言っても、特に不思議はない。しかし伯爵には釈然と行かないものがあるのか…、彼は今もこの塔やその周辺を彷徨っている。
そう、彷徨っている「らしい」のではなく、彷徨って「いる」
... 続きを読む
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。