始めに ※心霊写真、心霊現象に関する警告
見るな / / 心霊写真に関する注意書き
はじめまして。「Blair Witch -心霊写真の森-」に、よくぞ、いらしてくださいました。このブログでは、旅行先で撮った写真を整理していて、偶然発見してしまった心霊写真や、ネット世界を散歩中に発見した心霊写真及び心霊動画を、順次アップしていっています。

基本的に、私は心霊スポットと呼ばれる場所には行きません。心霊スポットとされる場所が、いかに「厄介なこと」が起きやすい場所であるか、わかっているからです。無事、何も起きないこともあるかもしれませんが、厄介事は、避けるに越したことはありません。しかしながら、幽霊というのは、心霊スポットにだけ現れるものではなく…、私たちが日常的に通りかかったり、時間を過ごしたりする空間にも現れます。そう、例えば家庭や職場、そしてごく一般的な観光地にも。しかしながら、幽霊の全てが巷で噂されるような、恐ろしい存在というわけではありません。むしろ、ただ通り過ぎるだけの霊の方が、圧倒的に多いのです。だからこそ、たとえ何も知らないにしても、それなりに安全であることを感じ取っているので、人はそこを平気で訪れることが出来るのです。そんなわけで、このブログでは心霊写真の他に、幽霊の目撃が相次いでいる「観光地」を紹介しています。多くは海外ですが、旅行する機会がありましたら、ぜひ楽しい交流をなさってみてください。

なお、こちらの心霊写真カテゴリーに掲載する写真は、基本的に全て「ホンモノの心霊写真」と管理人が判断したものを掲載しています。したがって、これらの心霊写真を見ることで、全く霊障が起きない保証は、どこにもありません。幽霊が見える・見えないは、霊感・霊視能力の有無や強弱よりも「相性」による部分が大きいため、それまで心霊体験が皆無な方であっても、もの(霊)によっては「相性」が合う可能性もあります。また、何かあったとしても、当方では電話相談を含め、何も対処できません。ですので、霊感や心霊体験の有無に関係なく、訪れてくださった皆様に申し上げます。【ご理解いただける方のみ、お進みください。】

このサイトは、「Yahoo!カテゴリ」の『心霊写真』に登録されています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ

Comment:0 / TrackBack:0
pagetop /
スポンサーサイト
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop /
ウォーリック城からの帰り(イギリス)
癒されない写真 / 写真 / 心霊写真 ではないが…
今もFulke Greville伯爵の幽霊が彷徨っていると言う、ウォーリック城からの帰り、再度城の入口で1枚撮った。季節は11月。まだ夕方になったばかりの時間のはずだが、既に暗い。



            warwick_castle_6


写真を見て「オーブか?」と色めきたった(?)ものの、よく見てみると、幸にも不幸にも、違うことがわかった。おそらく、雨粒と思われる。




心霊写真の森 相互リンク集
スポンサーサイト
pagetop /
心霊観光案内 ウォーリック城
旅行日記 / 旅行 / 心霊観光案内
Warwick Castle (ウォーリック・キャッスル)

「人殺しいろいろ」の語呂合わせで覚えた方も多いだろう、ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)。その世界に名だたる文豪シェイクスピアの生家がある、ストラトフォード・アポン・エイボンから、わずか14km。そのウォーリックの町に、その城はある。

城と言っても、フランスのシュノンソー城のような優美なものではなく、本来の目的…つまり戦いのために建てられた城である。


ウォーリック城の外観



この城の歴史は古く、原型は10世紀に造られた砦にまで遡る。そこに11世紀に入って、ウィリアム征服王の命で木造の城塞が築かれ、その後も増築を繰り返して、現在の姿となった。あまり詳しいことは知らないが、この城の歴代の城主は、絶えず勃発する戦いで常に勝っていたため、「王を輩出する城」と言う意味で「King Maker」と呼び習わされた。

... 続きを読む
pagetop /
幽霊散歩 London Ghost Walk
ミステリーナイト / / 幽霊散歩へのお誘い
The Original London Ghost Walk

イギリス、ロンドンでゴーストウォークと名が付くものは、1つではない。これはその中で最もよく知られたもので、謳い文句からすると、どうやらここが“本家”のようだ。



          London Ghost Walk


サイトのトップページ下ほどに、こう書いてある。

This is the only Ghost Walk to be led by a true authority on haunted London, ghost author and researcher Richard Jones. His tour features good, old-fashioned storytelling at its very best, and is guaranteed to send a shiver down the spine and a chill to the marrow.
    これは幽霊作家であり、研究者でもある、リチャード・ジョーンズ氏による正式な許可を得た、ロンドンで唯一の
     ゴーストウォークである。このツアーは良質の、昔風の語りが特徴で、あなたの背筋を震え上がらせ、冷たい
      ものを感じさせることを請け負うものである。



... 続きを読む
pagetop /
山村の猫と爬虫類の霊
/ ペット / 心霊写真 in ギリシャ
心霊写真と言うものは、本当に、いつ、どこで撮れてしまうかわからない。ギリシャは「青い空、青い海。そこに白壁の家々が映えて、猫が気持ち良さそうに寝そべる…。」イメージが定着しているようで、わざわざ猫写真を撮りに訪れる写真家も大勢いる。猫がかわいいのは海辺に限ったことではなく、山村の納屋の軒下で寝そべる猫も、とてもかわいい。

しかし、写るのは「かわいい猫」だけで良かったのに、また霊が映り込んでしまっていた。


山村の猫と心霊写真
こんなにかわいいけど、バック(背景)がいけない。霊が写りこんでしまっている。
よって、これも「心霊写真」…と。残念!


... 続きを読む
pagetop /
心霊観光案内 ウィドクーム・イン・ザ・ムーア
海外の不思議な場所 / / 心霊観光案内
Widecombe in the Moor 
(ウィドクーム・イン・ザ・ムーア)


イギリス南西部、デボン州にある広大なダートムーア国立公園。森林地帯もあるが、そのほとんどが荒地。その中に点在するいくつかの村の1つに、“Widecombe in the Moor”という村がある。

ここはかつて“Widecombe Fair”という、毎年9月の第2火曜日に開かれる「家畜市」で賑わった。ここでは、地域特産の羊やダートムーア・ポニーが売り買いされていた。それだけのものであるが、このように辺鄙なところでは、市はお祭りのような娯楽だっただろう。その盛況振りと言うか、人気振りは、市と同名の“Widecombe Fair”、または“Uncle Tom Cobley(and all)”という、有名なデボン民謡として伝えられている。

ただし、マザーグースよろしく、この民謡の詩もまた奇妙で…少々気味が悪い。特段、この家畜市に関連して「心霊現象」が起きたとは、どこにも書いていないが、もし書かれている歌詞が、多少なりとも実際にあった出来事を指しているとするなら…と、興味は尽きない。



widecombe Fair
かわいそうな老いた馬! その背に何人乗せたんだろう?
心霊スポットと言えるかどうか分からないが、充分「怪奇スポット」ではある。




何が何でも「幽霊」の向きに興味がある方は、教会の前にある14世紀に建てられたパブへ行かれるといい。そのパブ、The Old Inn”には、ハリーという名の男性とメアリー・ジェイという名の少女の幽霊が出るということだ。

以下、この地にまつわる奇妙な民謡を紹介(拙訳、no name neko)。

... 続きを読む
pagetop /
港町の風景(イギリス)
街の風景 / 写真 / 心霊写真 ではないが…
イギリス、プリマスにて――。
心霊写真ではないが、匹敵するくらいミステリアスなモニュメント在り。

    
    プリマス

                  魚なのか、海老なのか…?

                           それとも…、人だったのか?

              心霊写真も撮れそうな雰囲気の、おもしろ怪奇スポット。





より雰囲気を味わいたい方は、こちらをどうぞ。

『ラヴクラフト全集 1』 H・P・ラヴクラフト 著、大西 尹明 訳  より、「インスマウスの影」
XXX インスマウスの影 XXX   フラッシュムービーです

心霊写真の森 相互リンク集
pagetop /
廃城より村を望む(フランス)
心霊スポット / / 心霊写真 in フランス
南仏プロヴァンス地方――。かつて、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは、その鬱々とした気分から抜け出すため、この陽光溢れるプロヴァンス地方を訪れた。そこはまさに、彼が心から捜し求めていた、光溢れる世界が広がっていた。そして彼は、「陽光の“黄色”」と言う人生のテーマに出会い、その後の半生をかけて、これを追い求めるに至った。

それは正真正銘、命がけの探索だった。少なくとも、彼にとっては。
彼はその「奇跡の“黄色”」を求め、代償として自身の精神と命…、実に魂そのものを捧げた。



それほど、世の多くの人々によって賞賛されて止まない、プロヴァンスの陽光だが、その光の元で撮られたこの1枚の写真には、およそ光り溢れる世界の住人には似つかわしくない者(幽霊)たちが、無数に写り込んでいた。残念ながら、私は1体にしか気付かなかったが、知り合いに見てもらったところ、1体どころか…無数に、それもかなりハッキリと写っている、心霊写真の最たるものであることが判明した。以下は、その知り合いとのやり取りから判ったことである。


リュベロン山中の廃城より、教会の鐘楼を望む。
ただの心霊写真ではない。このたった1枚に、無数の霊魂が写りこんでいる。
これほど多くの霊魂が今も彷徨い続けているとは…、この地でいったい何があったのか?
(別ウィンドウで、大きく表示されます。)


... 続きを読む
pagetop /

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。